そうじ

これでOK!ズボラのための【厳選】掃除グッズ3選&掃除が続くコツ

この記事は約10分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

今回は、

・ズボラにおすすめの掃除グッズを知りたい

・掃除が面倒に感じて、続かない

・掃除が苦痛、楽しくないと感じている

こういった悩み・疑問にお答えしていきます。

本記事の内容

1.ズボラな私がおすすめする掃除グッズ3選

2.ズボラでも掃除を続けるためのコツ

3.掃除が面倒なときは、やめるのもあり!

この記事を書いている私は、ズボラ主婦です。ズボラ歴20年以上のベテランのズボラです。

基本的に動くのが面倒なので、いかにラクをするか?というスタンスで毎日生活しています。

特に掃除は大の苦手。想像するだけで、めんどくさい!と感じてしまいます。

今回は、そんなズボラな私がおすすめする「掃除グッズ3選」と「掃除を続けるためのコツ」についてご紹介します。

それでは、どうぞ!

1.ズボラがおすすめ!究極の掃除グッズ3選

早速ですが、私ズボラ主婦のまちゃりさが愛用している、おすすめ掃除グッズを3点ご紹介します。

この3つがあれば、基本の掃除は完結しています。

ズボラおすすめの掃除グッズ3選
  • オキシクリーン
  • ウタマロクリーナー
  • マイクロファイバークロス

順番に説明していきますね。

オキシクリーン

1つ目にご紹介するのは「オキシクリーン」です。

汚れを落とす力は絶大で、家中のいたるところで使用できます。

唯一の弱点は、水アカです。しかし、油汚れなどのしつこい汚れには効果を発揮します。

ズボラさんにおすすめできるポイントは次の3つです。

おすすめポイント
  • つけ置きだけでOK。何でもポイで完結
  • 失敗がない。驚くほど白くなる
  • 掃除したくないベトベトの油汚れに強い

熱湯にオキシクリーンを投入し、そのまま汚れたものを入れます。

そして、数時間つけ置きしておくだけでOK。ピカピカ、ツルツルになります。

洗浄力が強いため「落ちなかった!」などの失敗がほとんどありません。

とくに、油汚れや黄ばみ、ヌメヌメのものなど、できれば触りたくない・汚れが気になる物を掃除するときに重宝しています。

最近は、薬局やスーパーでも買える場所が多く、よく目にします。

ちなみに私は、コストコで売っているアメリカ版の大容量タイプを使っています。

かなりボリューミーなので、このように100均で買った容器に小分けにして使っています。

ウタマロクリーナー

続いてご紹介するのは、ウタマロクリーナです。

表に「家中おそうじこれ1本」と書いてあるとおり、家中どこでも使えるのが魅力です。

おすすめポイント
  • グリーンハーブの香りがとにかくいい。掃除への気分が高まる
  • 家中の基本何にでも使えて便利。汚れも落ちやすい
  • 中性なので、手に優しい

とりあえず、汚れを落としたいと思ったら、ウタマロクリーナを使っています。

素手で触れてもOKで、手軽に使えます。めちゃ便利です。

油にもOK、水垢にもOK、フローリングにもOKと万能な優秀洗剤。

これだけで、ほとんどの掃除が完結します。

また、取扱っている薬局がほとんどですので、入手しやすいです。

インテリアにも馴染む、おしゃれなデザインです。

マイクロファイバークロス

最後に紹介するのは、マイクロファイバークロスです。

私は、シンプルな100均の3枚セットを使用しています。

おすすめポイント
  • 100均で買える。安い
  • 吸水性、速乾性が高い
  • 蛇口がピカピカになる
  • 鏡の拭き上げに使える

おもに、汚れやすい水回りに常備し、使用しています。

このマイクロファイバークロスの特徴は、吸水性と速乾性に優れていることです。

少し拭くだけで蛇口や鏡がピカピカになります。簡単にちょこっと掃除したい場合に、おすすめです。

番外編:お掃除ロボット

少し値段がするので、番外編としてご紹介します。

お掃除ロボットは、床掃除が嫌いなズボラさんにとても役立ちます。

とくに、毎日の掃除を少しでも減らしたいと考えている方には、大変おすすめです。

私は、iRobot社のルンバ980シリーズを使っています。

2.ズボラでも掃除を続けるためのコツ

ここからは、ズボラでも掃除をラクに続けるためのコツをご紹介していきます。

掃除をラクに続けるコツ

①少しずつやる
②自分を褒めるのを忘れない
③スケジュールに落とす、記録をつける

コツ1.少しずつやる

一度にやるのは大変ですが、少しずつやることでズボラでも掃除をラクに続けることができます。

大掃除など、一度に掃除をするのは一見効率的に思えるかもしれません。

しかし、汚れはしつこくなる前に落とす方が圧倒的に落としやすいです。

掃除を面倒と感じる人にこそ、日頃からの5分〜10分のちょこちょこ掃除をおすすめします。

ちょこちょこ掃除のポイント2つ!
  • 気付いた時だけやる
  • 朝がおすすめ

ポイント①気付いた時だけやる

掃除は面倒なものです。

私は、なかなか「やろう!」という気持ちには、なれません

掃除をやろうと決めて、すぐにやれる人は本当に尊敬します。

私は、掃除を面倒に思うズボラさんこそ、「気付いたときにやる」というのをおすすめします。

例えば、しゃがんだ時に床の汚れに気付いたとします。

その時には、掃除のチャンス!その場ですぐに、床の掃除をちょこっとします。

汚れに「気付いたら、やる」と決めておくことで、掃除に入る前のストレスを軽減することができます。

これで、ストレスなく部屋の綺麗を保つことができています。

ポイント②朝がおすすめ

もし、汚れやすいキッチンやトイレの掃除を習慣化したいと考えている場合は、朝にやることをおすすめします。

理由は、夜は仕事などを終えた後で、疲れていて眠くやる気が起きない時間だからです。

結果、掃除をやることが苦痛になってしまうからです。

逆に、朝であれば掃除が目覚めがわりとなり、掃除効果で気分もスッキリ朝を迎えることができます。

掃除が面倒という人は、朝にちょっとだけ掃除することを試してみてください。

コツ2.自分を褒めるのを忘れない

掃除に取り組んだ自分を褒めるのは大事なことです。

大いに褒めてあげてください。

心理学では、自分で自分を褒めることで「潜在意識に自信を植え付ける」ことができるといいます。

また、ネガティブな気持ちを払拭し次の行動への後押しとなります。

掃除というのは、一見地味なので気付かれないこともあるかもしれません。

目立たない部分を掃除したときこそ、「自分すごいじゃん!」「こんなところまで掃除して偉い!」と自分を大いに褒めることを忘れずに。

コツ3.スケジュールに落とす、記録をつける

掃除したら、その記録をつけるのがおすすめです。

私は、「10年日記」というアプリを使って、日記とともに1日のタスクを管理しています。

1日の終わりにタスクができたかどうかを振り返って、実行できたタスクにチェックを入れています。

掃除の習慣がそもそもない言う人は、スケジュールに入れることで、やり忘れを防止できます。

時間を通知してくれるアプリを使用するのが効果的です。

3.掃除が面倒なときは、やめるのもあり!

掃除が面倒で、本当にやりたくないという日はあると思います。

私自身も、そういう日があるので気持ちはとてもわかります。

掃除を本当にやりたくない日は、やらないという選択肢も私はアリだと思っています。

掃除は、やれば部屋が綺麗になる。

しかし、やらなくても死ぬことはありません。

また、1日くらいやらない日があっても、そう汚くなることはないからです。

掃除が面倒な場合は、次のポイントを考えるといいです。

掃除が面倒なときに考えたい3つのポイント
  • 「物を減らせないか?」を考える
  • 人に頼む「掃除代行」を検討する
  • 掃除の「自動化」を考える

1つずつ見ていきます。

「物を減らせないか?」を考える

物を減らせば、汚れに気づきやすくなります。

日頃から汚れにすぐ気づくことができるので、汚れがひどくなる前に汚れをシャットアウトできます。

そもそも、掃除するにも物を移動させる手間が入るので、効率的ではありません。

物が多いことの弊害
  • 汚れに気付きにくい
  • 掃除のときに、いちいち移動させないといけない

掃除が面倒なのは、掃除自体に嫌な記憶があることが原因です。

嫌な記憶につながる要因は、もしかすると物が多いことが原因かもしれません。

一度、物の量を減らしてみることで、掃除を面倒に感じなくなる場合があります。

▼断捨離の基本については、以下の記事に書いています。

人に頼む「掃除代行」を検討する

「どうしても自分で手をつけられる状態でない」という場合は、掃除や片付けのプロに任せてしまうのも1つです。

決まった時間内で手際よく、部屋を綺麗にしてくれるので、困ったときには積極的に利用するとよいです。

▼家事全般を頼みたい場合は、「タスカジ」が便利でお得

1時間1500円からの家事代行【タスカジ】

▼1人暮らしの社会人には、「イエキーピング」がおすすめ(※23区内限定)

1回1980円~の1人暮らし向け掃除代行 イエキーピング

掃除の「自動化」を考える

「プロに頼むのは、ちょっと、、」という方は、掃除を楽にする自動化の仕組みを考えましょう。

例えば、お掃除ロボットは、決まったスケジュールで自動掃除をしてくれるので便利です。

私は、ルンバを使い始めて1年になりますが、欠かせないアイテムの1つとなりました。

購入に迷う場合は、レンタルサービスを利用してみてから検討するのもアリです。

食洗機も、食器洗いを格段にラクにしてくれるアイテムの1つです。

3万円ほどで購入できるうえ、水道料金も安く抑えられるので、コスパがいいです。

普段やっている作業を、自動化できないか?について、一度考えてみましょう。

以下の本は、普段何気なく家事をロジカルに行う方法を紹介されていて、勉強になりました。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、

・ズボラにおすすめの掃除グッズを知りたい

・掃除が面倒に感じて、続かない

・掃除が苦痛、楽しくないと感じている

こういった疑問や悩みに答えていきました。

この記事にたどり着いたということは、あなたは“掃除をしたい”と心の中で思っています。

でも、掃除は面倒だと考えて、なかなか行動が起こせずにいるのです。

掃除は、たしかにしっかり隅々までやろうと思うと面倒です。

でも、私はそこまでしっかりやる必要はないと思っています。

なぜなら、しっかりやる必要があるのは、しっかり汚れているからです。

つまり、しっかり汚れないように、こまめに掃除しさえすれば、面倒な掃除とはおさらばできるのです。

私はこの仕組みに気付いてからは、未来への投資と思って「気づいたら掃除する」ことを心がけています。

これでしっかり汚れる前に、汚れをブロックすることができるようになりました。

掃除が面倒に感じているズボラさんは、ぜひ、今回お伝えしたおすすめグッズや、掃除のコツを活用し、楽しく掃除を続けてみてください!

あなたの生活に少しでも役立つ記事となれば、嬉しいです。

おわり。

今回ご紹介したおすすめ掃除グッズ

■1つ目:オキシクリーン

■2つ目:ウタマロクリーナ

■3つ目:マイクロファイバークロス

コメント

タイトルとURLをコピーしました