せいかつズボラ生活著書レビュー

【ラク家事】ラクしていい!最新家電で”投資”せよ!の考え方

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、ズボラで面倒くさがり。ラクしたい主婦のまちゃりさです。

突然ですが、「ラクをしちゃいけない」と考え、高い調理家電を買わずにいたり、買うことを躊躇していたりはしませんか?

しかし、その考え方は変えてください。

最新家電に投入するお金は、たんなる消費でなく、かなり分のいい「投資」だからです。

今回は、勝間和代さんの『勝間式 超ロジカル家事』をご紹介します。

この考えを知れば、「ラクをしちゃいけない」という考え方を改めるはずです。

そして、家電を購入することがむしろ生活の「投資」につながることを理解できます。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

やらなくていい家事はカット

『勝間式 超ロジカル家事』では、やらなくていい前時代的な習慣や、今の時代にある便利な道具で効率的に家事を行うことを推奨しています。

著者の勝間さんによれば、イメージ的にはだいたい半分くらいがやらなくてよいこと、あるいは、適切な設備投資があれば機械がやってくれるものということです。

「超ロジカル家事」の柱2つ

本にある「超ロジカル家事」の柱は2つあります。

(1)最新家電を導入し家事をAI化する
(2)「不便」「めんどう」を放置しない

今回は、(1)最新家電を導入し家事をAI化するの重要性に絞って執筆していきます。

働く家電は半年で元手回収できる「投資」

「超ロジカル家事」に欠かせないのが、最新家電です。

今の最新家電は女性の「家事の負担を劇的に軽くする道具」であり、そこに投入するお金は、たんなる消費でなく、かなり分のいい「投資」です。

引用:『勝間式 超ロジカル家事』より

欧米では、調理家電や食器洗い乾燥機などの普及が早く、ほとんどの家庭に便利家電があるといっても過言でない。

しかし、日本は優秀な家電を開発しているにもかかわらず、普及が遅れている。

どういうことか?

それは、主婦の地位が低く見なされてきたことであり、その主婦が5、6万円もする家電を自由に買うことが許されなかったからである。

つまり、高い家電を買っても、主婦の仕事を減らしラクをさせるだけ。との考え方が主流だったということです。

これを現代日本に当てはめるとどうでしょうか?

下のグラフを見てください。

共働き世帯が年々増加している一方で、専業主婦の割合が減少しているのがわかると思います。

専業主婦世帯と共働き世帯 1980年~2019年

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構

共働き世帯が多い今、こうした「高い家電を買っても、主婦の仕事を減らしラクをさせるだけ。」との考えを改めていく必要があります。

(1)主婦は楽をしていい

主婦は楽をしてはいけない。なんてことはありません。

むしろ、楽できることは率先して楽してほしいと思っています。

女性は、生理、出産、育児、化粧・・など男性よりも考えることややるべきことが多いように思います。

それだけでも大変なのに、加えて「家事も仕事もやる」となると、とてもではありませんが時間が足りません

時短ができる家電に投資すれば、自分の時間が増えます

さらには、睡眠時間の増加や子供とのコミュニケーション増加につながります

(2)将来の成長のための「投資」である

家電を購入することは、企業と同じように、将来の成長のための立派な「投資」になります。家電によって女性の家事労働時間が減り、その分、外部労働をする、または外部労働時間を増やせば、収入につながります。あるいは、家族団らんの時間にもつながります。

引用:『勝間式 超ロジカル家事』より

家電に投資した分の費用を、どのように外部から調達するかという考えにシフトしています。

単純作業でお金を生まない家事を家電に任せてしまい、自らは別の仕事で稼ぐというスタイルです。

仮に5万円の食洗器を購入し、食器洗いの時間が30分短くなったとした場合。

時給1000円に換算すると、1日500円のプラスに。

ひと月20日勤務していればプラス1万円になり、5か月で元を取れる計算になります。

具体的な数値に置き換えてみることで、予想以上に投資回収できると感じられるのではないでしょうか?

(3)投資以上のリターンもあり

家電を利用することで、時短だけでなく、それに伴う相乗効果も期待できます。

健康や家族のコニュニケーションにつながれば、投資以上のリターンになります。

「あれもこれもやらないと・・」と、やることに追われる毎日だと気疲れしてしまうでしょう。

自分の生活にとって、本当にやるべきことは何か?を考え、それに時間を使うことを考えていきます。

すると、家事の大半は最新家電に任せてもいいのではと感じられるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、勝間和代さん著書『勝間式 超ロジカル家事』をご紹介しました。

私自身も、この本で紹介されている「シャープ ヘルシオ」レンジや「アイロボット ルンバ」を使用していますが、同じように時間への「投資」と考えて購入をしました。

実際に使用していますが、費用以上の効果があると思っています。

働きながら、家事を完璧にこなすのは不可能です。ではどうするか?

家事を効率的にするしかありません。

でも質を落としたくない。そんな人に最新家電を使うメリットは大きいです。

「家事をラクにする」ことに対して躊躇している方や最新家電の購入で迷われている方は、「投資」という考えに切り替えて、いますぐに購入されてみることをおススメします。

きっと、想像以上のリターンがあるはずですよ。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました