すてる 断捨離

モノへの執着心が強いあなたへ。簡単にモノを減らせる3つの考え方

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、自称“断捨離マスター”のまちゃりさです。

断捨離を進めるときにモノへの執着心が強く、モノを捨てられない」という悩みを持っていませんか?

そんな悩みにお答えするために、今回の記事ではモノへの執着心が強い方へ、モノへの執着心を減らすための考え方をお伝えしていきます。

まちゃりさ
まちゃりさ

この記事は以下のような人におすすめ!

・断捨離したいけど、うまく進まない原因を知りたい!

・モノへの執着心が強く、モノを捨てられない

断捨離を進めるうえで、どうしても捨てられないモノは出てくると思います。「ああもったいない」「せっかく高いお金を払ったのに・・」「これまだ使える!」など感じてしまうことはありませんか?

断捨離を進めるうえで一番厄介なのは、「モノ」に対する執着心ではないかと思っています。

今回の記事では、そうした厄介な「モノ」に対する執着心の仕組みを伝え、執着心との向き合い方をお伝えします。

それでは、どうぞ!

断捨離が進まない・・

断捨離が進まない原因の1つに、「モノが減らせない」というのがあります。

筆者自身、まだ使えそうなモノがあると、「いつか使うかもしれない」と考えてしまい、結局捨てられないことがよくありました。

執着とは?

執着の意味ですが、辞書では「一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと。」を言います。

人はいろいろなモノに執着します。

断捨離で厄介なのは、このモノに対する「執着心」だと思っています。

なぜ人はモノに執着するのか?

モノに対する執着心は、言いかえれば「恐怖心」ともいえます。

・これを捨てれば、寂しい気持ちになるかもしれない・・

・楽しかった思い出を忘れてしまうのではないか・・

・これを捨てたら、あとから後悔するだろう・・

無意識のうちに、モノを捨てることで起きる恐怖の未来を描いてしまうのです。

執着心を外し、モノを減らすための考え方

執着心を外すためには、「自分自身と向き合い、信じること」から始まります。

1.モノはモノであり、自分ではない

モノは所詮、ただのモノです。

失っても自分がなくなるわけではありません

また、モノもいつかはすべてゴミになります。

そう考えれば、手放すことが少し楽になりませんか?

2.断捨離の目的ってなんだっけ

断捨離を行う目的を振り返ります。

あなたが、断捨離を行う理由はなんですか?

多くの人は、幸せになるために断捨離をすると思います。

モノを減らせば、新しい明るい未来が待っています

3.モノへの罪悪感や後悔の感情は受け入れる

モノを捨てることで、モノに対する「申し訳なさ」や「後悔」の感情が出てくると思います。

例えば、全然着ていない服を捨てるとき。

過去の自分は、どうして試着もせずに買ってしまったのだろうか・・モノに対して申し訳ない。

あるいは、こんなはずではなかったのにという後悔。

しかし、こうした感情が出てきても素直に受け入れましょう

次に同じ失敗をしないことが重要です。

これからどうするのか、どのように生きていくのかが大事です。

まとめ

いかがでしたか?今回は、モノへの執着心と向き合うための考え方をご紹介しました。

まちゃりさ自身も、過去、モノへの執着心が強かったです。

特に思い出のあるモノを手放すのに苦労しました。

思い出は心の中にとはいいますが、モノはいつか劣化していくのに対し、思い出はいつまでも心の中にあります。

また、モノに頼らない生き方をすることで、1つ1つの思い出を鮮明に焼き付けようと、この一瞬を大切に生きられるようになりました。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました