すてる断捨離

【断捨離】メルカリが面倒な理由3選!ラクに出品するポイントは?

この記事は約8分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

断捨離では、フリマアプリ「メルカリ」が便利です。

モノをただ捨てるのはもったいない。

少しでも利益にしたいと、利用する人は多いと思います。

 

でも・・・

「メルカリ」って、正直面倒じゃないですか?

値段交渉や、梱包まで1人で行わなくてはならず、特に時間がない人には大変な作業です。

今回は、

・断捨離で「メルカリ」を利用したいけど、めんどくさい

・「メルカリ」の出品を少しでもラクにしたい

こういった悩み・疑問にお答えしていきます。

 

今回は、私の実体験をもとに、「メルカリ」が面倒に感じる理由と「メルカリ」をラクに利用する際のポイントをお伝えします。

それでは、どうぞ!

ズボラさんへおすすめ!

参考:【ラク家事】ラクしていい!最新家電で”投資”せよ!

スポンサーリンク

1.メルカリが面倒な理由3選

最初に、なぜ「メルカリ」は面倒なのか?

その理由について、解説していきます。

メルカリが面倒な理由!
  1. すぐに売れないことが多い
  2. 値段交渉
  3. 出品から発送までの手間がかかる

理由1.すぐに売れないことが多い

「メルカリ」がめんどうに感じる理由の1つは、出品した商品が「すぐに売れないことが多い」ことです。

「これは売れる!」と思っていたものに限って、なかなか売れない

こういうことが、よくあります。

 

しかも、なぜ売れないのか?

その理由がわからないことが多く、

売れないし、売れる理由もわからない。

こうした理由から、メルカリを利用するのが面倒に感じます。

最終的には、とにかく早く売ってしまいたい。

こう考えて、当初の価格から大幅に安くして、売り切ろうとしてしまう。

このようなことになってしまいます。

 

理由2.値段交渉

メルカリがめんどうに感じる理由の2つ目は、「値段交渉」です。

出品すれば、必ずと言っていいほど、値段交渉が発生します。

すぐに売れればいいのですが、値段交渉にいちいち応じるのは面倒です。

 

そして、やり取りが多く発生すれば、アプリの通知を常に気にしなくてはいけません。

私の体験談

「メルカリ」で商品を複数出品していました。

しかし、通知機能がOFFになっており、商品が売れたことに気付けませんでした

気付いたときには、2日前に商品が売れていたのです。

大慌てで購入者へ連絡をし、急いで出品をしたため何とかなりましたが、非常に焦りました。

このように、通知を常に気にしていないと、質問対応や発送手配が間に合いません。

通知に気付けないと、私のように突然の対応が求められることがあります。

忙しい社会人にとっては、メルカリが面倒に感じてしまうポイントになります。

 

理由3.出品から発送までの手間がかかる

メルカリがめんどうに感じる理由の3つ目は、「出品から発送までに手間がかかる」ことです。

メルカリで商品を売った経験があればお分かりかと思います。

商品を売る場合には、手間と時間が大きくかかります。

これは、「リサイクルショップ」や、「買取サービス」とは、大きく異なる点です。

 

「メルカリ」で商品を売る場合、まずは「出品作業」が必要です。

まず、ここのハードルが高いです。

商品の撮影、商品説明の記入、価格の設定など。

とにかく、細かく作業が必要です。

その後も、

  • 商品に関する質問の対応
  • 値切り交渉

このような「購入検討者とのやり取り」があります。

商品が売れた後も、購入者とのメッセージのやり取りがあります。

そして、商品を梱包、発送までを1人で行う必要があります。

 

そうなんです。この一連の作業、とても手間と時間がかかって大変です。

メルカリの「出品」~「発送」までの流れ
  • STEP1
    出品

    商品の撮影、商品説明の記入、価格の設定

  • STEP2
    購入検討者とのやり取り

    商品に関する質問の対応や、値切り交渉

  • STEP3
    購入者とのやり取り

    発送準備の連絡など

  • STEP4
    商品梱包

    商品を梱包する

  • STEP5
    発送手配

    郵送手配、コンビニや郵便局に持参するなど

  • STEP6
    購入者への連絡

    発送を購入者へ連絡する

  • STEP7
    配達確認、やり取りの評価

    購入者へ商品が届いたことを確認、やり取りの評価

商品が1つだけなら、あまり手間に感じないかもしれません。

しかし、複数の商品をまとめて売る場合は、それだけ手間と時間がかかります。

他にも、商品によっては、

  • 商品のサイズを測る
  • クリーニングをする

こうした作業も、追加で行う必要があります。

 

まとまった休みがとれない社会人にとっては、臨機応変な対応が求められる「メルカリ」。

とても大変なんです。

2.メルカリをラクに利用するポイント

「メルカリ」がいかに面倒か、お分かりになりましたか?

でも、

  • やっぱり、モノが捨てられない
  • できれば、モノを売って収入にしたい

このような方へ向け、少しでも「メルカリ」をラクに利用する際のポイントを3つご紹介します。

メルカリをラクに利用するポイント!

リンクをクリックすると、記事内の見出しまでジャンプできます。

1つ目のポイントは、「あらかじめ期限を決めておく」です。

例えば、”60日間”という具体的な期限を決めます

決めた期間内に商品が売れなかった場合、別の手段を検討します。

例えば、次のようなサービスを利用すれば、不用品をすぐに手放すことが可能です。

  • リサイクルショップ
  • 不用品買取サービス

近所のリサイクルショップに持っていけば、売れないモノも含め、すべて引き取ってもらえる場合が多いです。

また、もっと簡単なのが、不用品買取サービスを利用する方法です。

おすすめの不用品買取サービスは?

不用品買取サービスを利用する場合は、「いーあきんど」がおすすめです。

  • 査定料・送料・手数料が、一切かからない
  • 何でもまとめて一括査定してくれる
  • モノが多いほどお得!査定額にボーナスが上乗せされる

時間も手間もかけずに、たくさんのモノをまとめて売りたい方にピッタリです。

まちゃりさ
まちゃりさ

まとめてモノを手放すのにはうってつけです!

\スピード査定!簡単3STEP/
なんでもまとめてお売りください!宅配買取「いーあきんど」

 

不要品をいつまでも残しておけば、スペースを無駄にすることになります。

上記のようなサービスを積極利用し、まずはモノを手放すことで面倒さから解放されます。

2つ目のポイントは、「売る商品を絞ること」です。

何でもかんでも売ろうとせず、量を絞ることで少しラクになります

出品する分、モノの管理が必要になります。

これが、面倒さを増長させる原因になります。

 

量を絞る場合は、商品価値のある商品のみを残します。

自分から見ても、

  • 明らかに古びている
  • 欠陥がある

このようなモノを売っても、購入したいと思いませんよね?

古かったり、欠陥のある商品は、「捨てる」あるいは「譲る」ことを検討します。

 

いつまでもズルズルと置いておけば、家から出すこと自体が面倒になっていきます。

  • いつまでも生活に不要なモノと家で過ごすのか
  • スッキリしたきれいな空間で過ごすのか

どちらを選ぶかは、あなた自身で決めましょう。

▼「商品価値」でモノを見るには?

参考:【感想】ウチ、”断捨離”しました!|悲しみにサヨナラ、心の処方箋スペシャル(1/2)#58回

時間がない中でも、「メルカリ」を利用したい!

こう思う方におすすめなのは、「代行サービス」です。

商品の出品から、発送までを全て一任することができます。

商品が売れれば、売れた額から販売手数料が差し引かれ、残った金額が利益になる仕組みです。

おすすめの代行サービスは?

メルカリの代行サービスを利用する場合は、「【マカセル】」がおすすめです。

  • 出品から発送までの作業を全て任せられる
  • 買取販売などに比べても利益が多い
  • 商品が売れるのを待つだけでOK
まちゃりさ
まちゃりさ

9月30日(木)まで「秋の大掃除応援キャンペーン」中!コード「QWHM50Z」を打ち込んで申し込むと、2000円がキャッシュバックされます!

\安心の評価・口コミ制度!/
面倒なフリマアプリへの出品を代わりに!出品代行サービスの【マカセル】

 

このような方は、高値でプロに販売をお任せできる「マカセル」を利用するのがおすすめです。

  • メルカリを利用したいけど、時間がとれない
  • メルカリの出品方法がわからない

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、メルカリが面倒に感じてしまう理由と、メルカリをラクに利用したいときのポイントについてお伝えしました。

メルカリが面倒な理由!
  1. すぐに売れないことが多い
  2. 値段交渉
  3. 出品から発送までの手間がかかる

このように、断捨離でメルカリを利用する場合、すぐに売れるかが分からない点がネックです。

そして、出品中の商品のスペースを確保しないといけません。

 

そこで、メルカリを少しでもラクに利用するために提案したのが、次の3つのポイントでした。

メルカリをラクに利用するポイント!
  1. 期限を決める
  2. 売る商品を絞る
  3. 代行サービスを検討

不要なモノを置いておくためのスペースをいつまでも確保しておくのは、決して良いとは言えません。

デッドラインを決めたり、売る商品を絞って出品することで対策します。

「時間がない」方や「捨てるよりは売りたい」と思う方は、代行サービスに任せてしまうのがおすすめです。

「それでもやっぱり面倒」と感じれば、いっそ辞めてしまうのも1つです。

本記事が、「メルカリが面倒」と感じている方にとって、役に立つ記事となれば幸いです。

他にもある!断捨離のコツ

それでは、今回はこの辺で終わります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おわり。

コメント

SNS

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました