すてる断捨離

【内容・感想】ウチ、断捨離しました!|行動派妻VS鉄道大好き夫 迷える旅路の終着駅は…#112回

この記事は約11分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

今回は、BS朝日「ウチ、”断捨離”しました!」2022年4月4日放送回(第112回)放送内容・感想をまとめます。

今回は、物を減らしたい妻と、気にしない夫の断捨離物語です。

 

今回の放送回のポイントを、3点でまとめました。

  1. 物を減らしたい、気にしない夫婦
  2. たとえ夫婦でも人の物には手を出さない
  3. 迷ったら保留してOK

 

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

「物を減らしたい」妻・「気にしない」夫の断捨離!

今回の出演者は、東京都江東区にお住まいの、のりこさん(52歳)、まさゆきさん(57歳)ご夫婦!

妻・のりこさんは、若い頃、世界を回り、環境破壊や公害などの問題を学んできた、”行動派”。

夫・まさゆきさんは、”鉄道が大好き”。休日は、鉄道のルポを書くことを楽しみにしています。

11年前、40代で結婚したご夫婦。

これまで築いてきた、お互いの生活スタイルを維持しつつ、結婚生活を続けてきました。

 

最近になり、のりこさんは、家の有り様に問題意識を持つように

一方のまさゆきさんは、まったく気にしていない様子です。

 

今回の【課題事項】は、こちらです。

ダイニングの押入れ

物が詰め込まれている状態

妻・のりこさんの部屋(3畳)

本がぎっしりの本棚

夫・まさゆきさんの部屋(4畳半)

新聞が邪魔をして、ドアが半分しか開かない

夫・まさゆきさんの意識

物が溢れている部屋の状態に、問題意識を持っていない

さて、どのような断捨離になるのでしょうか?

↑目次に戻る

断捨離スタート!

やましたさんが訪問し、部屋を一通り確認します。

まずは、ダイニングの押入れから。

物が詰め込まれた状態を見て、「やりがいがあるじゃない」とコメントします。

部屋が狭くても、改善の余地は十分にあるということですね。

まさゆきさんの部屋を見て

次に、問題のまさゆきさんの部屋へ。

やましたさんは、

やましたさん
やましたさん

空間に対しては(物が)多すぎる
だけどご主人の気持ちに対しては、多すぎないのかな?

やましたさん
やましたさん

ここがご主人のパーソナルなスペースとしてちゃんと確保しているわけだから、周りがゴタゴタ言う事ではない
でもご主人が「捨てたいのに捨てられないんだ」と悶々としているのであれば問題

これに、まさゆきさんは「そうではない」(捨てられないわけではない)と返答。

「だったら全然問題ない」ということで、まさゆきさんの部屋は一旦そのままにすることに。

しかし、のりこさんは、新聞だけは片付けて欲しいと思っているようです。

例え夫婦であっても人の物には手を出さないこと

過去放送回!

正反対な2人の断捨離のコツ・ポイントとは?

断捨離のポイント”なわばりを意識する”とは?

↑目次に戻る

のりこさんの物から断捨離スタート

まさゆきさんの部屋は、いったんノータッチ。まずは、のりこさんの物から断捨離をすることに。

ここで、やましたさんからのアドバイスがあります!

やましたさん
やましたさん

「指定席はこれだけ」という意識を持って、指定席にのせるものを選ぶ

捨てるんじゃなくて、選んでいく

要するに、オーディションを何度もかけて最高の物をこの舞台におく

限られた”空間を基準”にし、空間に対して残す物だけを選び抜いていくということです。

 

まず取り掛かったのは、居間の押入れ

まずは、ワインが入っていた箱など、中身の入っていない「空箱」を処分。

そして、物を贈るためにとっておいた「梱包用品」ともお別れしました。

続いては「紙類」に手をつけます。

のりこさんの映画作り※で参考にした「書類」が大量に残っていましたが、思い切って断捨離することにします。

※のりこさんは、過去の経験を活かし、水俣病と街の支援者をテーマとした、ドキュメント映画を作成しています。

そして最後は、大量の「ポストカード」です。

若い頃、国際交流のために買い集めた物ですが、現在はスマホが主流となり、ほとんど使わなくなった物。

でも、実際に手に取ると、やっぱりかわいくて捨てられない

ここでやましたさんは、迷ったら保留にするよう、アドバイスしました。

迷ったときは一旦保留し、判断できる別の物から進める

判断に迷うポストカードは、ひとまず保留にして進めることに。

 

こうして、押し入れの断捨離は完了!

多くの物を手放すことができて、スッキリした空間が生まれました!

書類の断捨離のコツ・ポイントは、こちらの記事で紹介しています。

↑目次に戻る

断捨離3日目:「夫よ私の背中を見よ!」

のりこさんは着々と断捨離を進めていました。

保留にしていた「ポストカード」も、50枚ほど断捨離。

残りは、たんすの空いたスペースに収めることができました。

処分する基準は、「写真が古いと感じた物」としたそうです。
 

今日は、「本棚」の断捨離に挑戦です!
  
まさゆきさんの部屋に負けず、のりこさんの部屋にある本棚にも本がぎっしり。棚の扉を閉めることができない状態です。

まずは、全部の本を出し「処分していい物を選ぶ」ことにします。
 
悩み抜いた末に、ようやく1,2冊を選びますが、なかなかハードルが高そうです。

 

そして、完全に手がとまったのりこさん。作戦を変更することに。
 
その作戦とは、「とっておきたい本だけを戻す」作戦です。

「絶対に残したい本」を選び、本棚に戻していきます。

空間を基準に残す物を選ぶ」という、やましたさんのアドバイスどおりに進めていますね!

 

本棚に戻す量」を決め、ようやく「処分すべき」本が見えてきました。

結果、30冊以上の愛読書を断捨離。本棚に収まる量までの断捨離に成功です。
 

夫・まさゆきさんは、この成果に「1~2日でこれだけ捨てたらすごいじゃん」とコメントしますが、

まぁ僕的には別にどっちでもいいんですけどね」と、断捨離に感心のない言葉を残して立ち去ってしまいます。
 
のりこさんの断捨離熱は、なかなか伝染しません。。。

妻が断捨離に込めた思い

実は、のりこさんには心配なことが。
 
結婚してから入退院を繰り返す、まさゆきさんの容態を心配しています。
 
「部屋との関係はわからないものの、不安要素は少しでも排除しておきたい」というのが、のりこさんの思いです。

↑目次に戻る

断捨離11日目:手強い夫に妻の㊙作戦決行

相変わらず、断捨離には興味がない様子のまさゆきさん。

そろそろ、断捨離を始めて欲しい、のりこさんは、ある作戦を実行します!

バレンタインデーということで、バナナチョコケーキを作って、断捨離を口説く作戦です。

 

ケーキを食べて「美味しい」と喜ぶまさゆきさんに、本題を切り出します。

(のりこさん)
「捨てるとスッキリするよ」
「(新聞紙が)入ってくる量と出す量を同じにしないと 絶対あの山は崩れていかないよ」

(まさゆきさん)
「それはわかっているんですけどね」

しかし、まさゆきさんから、色よい返事は返ってきません。

 

そこで、のりこさんは、仕事に持っていくタオル」の断捨離を切り出すことに

(のりこさん)

「タオルだけ断捨離しない?汚い物いっぱいあるじゃん」
「必要な枚数だけ残してあと汚い物を片付ければいい」

これに、まさゆきさんがようやく動き出します。

ダイニングテーブルにタオルを全て並べ、断捨離開始!

しかし、処分できたのは、たったの3枚。しかも、3枚とも「雑巾」として使うことに。

これには、のりこさんも笑うしかありませんでした・・・笑

↑目次に戻る

断捨離開始16日目:服に込められた夫婦の歴史

今日は、洋服の山(押入れ周辺)を断捨離することに。

押入れに入りきらない洋服は、鴨居に引っ掛けられている状態です。

 

聞けば、若い頃に着ていた服には、まさゆきさんとの思い出もあるといいます。

かつて、世界を回っていた頃、同じ国際交流グループのメンバーにまさゆきさんがいました。

当時は顔見知りでしたが、40代を前に意気投合し、2年の交際を経て、結ばれた2人。

そんな昔の服には、たくさんの”思い出”が染み込んでいます。

それでも、のりこさんは、1枚ずつと向き合いながら断捨離を続けました。

 

そんな中、まさゆきさんは、こんなことを言い出します。

(まさゆきさん)

「今すぐにはやらないですけどね」
「やっぱり(新聞の)中身をチェックしてからでないと」

今すぐとはいかないけど、断捨離する気持ちはあるようです。

でも、実際に動くことはないまま、やましたさんが再び来るまで、残り1週間となってしまいました。

 

洋服の断捨離のコツ・ポイントは、こちらの記事で紹介しています。

↑目次に戻る

ラスト1週間:妻の思いについに夫が動き出す!?

ある晩、まさゆきから話があります。

その内容とは、「新聞をデジタル版にする」という提案でした。

そうすれば、これ以上新聞が増えることがなくなるというのです。

これに、のりこさんは賛成。

 

方向性が決まったことで、まさゆきさんの断捨離が始まりました

5年前から読んでいない新聞を、読み始めます。

そして、残したい紙面を切り抜いては、処分。

いらなくなった新聞の束を、部屋から次々に運び出していきます。

ようやく、扉を邪魔していた新聞の束がなくなり、部屋のドアが開くようになりました

↑目次に戻る

1か月後:やましたさん再訪

再び、やましたさんが様子を見に訪問。

まさゆきさんの気持ちも、変わりつつありました。

(まさゆきさん)

「僕ももうちょっと頑張ろうという感じですね」
「見てて確かに部屋が狭くなっているからですね」

そうです、のりこさんの断捨離熱はちゃんと伝わっていました。

 

最後に、やましたさんは2人にエールを送ります。

  • ご主人の場合は、まだ走りはじめてもいない
  • マラソンだって必ず先頭集団と後方集団はばらけるけど、周回遅れの人を私たちは必ず応援するじゃない、それと一緒かな

のりこさんは、まさゆきさんの断捨離マラソンを温かく見守ることに決めました。

↑目次に戻る

番組を観ての感想

番組を観ての、私の感想です。

まちゃりさ
まちゃりさ

断捨離熱は、伝わっていく!

断捨離を無理強いするのは、よくありません。

しかし、自分が楽しんで断捨離を続けていけば、断捨離熱は伝染していきますね。

 

特に印象的だったのは、まさゆきさんの変化です。

最初、あれほど断捨離に興味がなかった、まさゆきさんでしたが、最後には自ら新聞のデジタル化を提案。

率先して、新聞の整理を進めている姿が印象的でした。

まちゃりさ
まちゃりさ

これから、どう変わっていくか楽しみです!

 

今回、学んだポイントは次の3つです。

  • 夫婦や家族であっても、人の物には手を出さないこと
  • 限られた空間を基準に、その空間に残せる物だけを選び抜いていく
  • 迷ったときは、いったん保留してOK。判断できる物から手をつけていく

ぜひ、断捨離に活用していきましょう!

↑目次に戻る

まとめ

【内容・感想】ウチ、断捨離しました!|行動派妻VS鉄道大好き夫 迷える旅路の終着駅は…#112回

いかがでしたか?

今回は、物を減らしたい妻と、気にしない夫の断捨離物語でした。

 

最後にやましたさんは、こう締めくくります。

やましたさん
やましたさん

物と空間をきちんとすみ分けるということは、人間関係作り、夫婦関係作りに有効に機能すると思います

今回の夫婦は、年齢を重ねてから結婚した夫婦でした。

年齢を重ねてから結婚した夫婦の特徴は、”お互いに確立した別の価値観を持つ”こと。

つまり、”相手の領域に不用意に踏み込むと逆に夫婦の生活を損なう”と言います。

互いに尊重し合いながら、物と空間を住み分けていくことが大切です。

まちゃりさ
まちゃりさ

互いのパーソナルスペースを確保していくことも、人間関係、夫婦関係を円満にするために、重要であることを学びました!

 

それでは、来週もお楽しみに!

おわり。

↓ ↓ ↓

「ウチ、”断捨離”しました!」とは?

「ウチ、”断捨離”しました!」は、毎週月曜日の夜8時からBS朝日で放送中の番組です。

ウチ、“断捨離”しました! | BS朝日
BS朝日「ウチ、“断捨離”しました!」の番組サイト。

断捨離提唱者の「やましたひでこ」さんが、片づけられない!捨てられない!家族の元を訪れ、一緒に断捨離を行っていくドキュメンタリー番組です。

↑目次に戻る

「ウチ、”断捨離”しました!」見逃し回を見るには?

放送終了後、以下のサービスで無料配信されています。(最新話のみ)

最新話は以下からチェック

▼番組公式本はこちら

コメント

SNS

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました