すてる断捨離

今年こそ!断捨離を楽しくラクに続ける5つのコツ!

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

断捨離をやったものの、すぐにモノがあふれてしまう。

断捨離を続けたいけど、方法がわからない

このような悩みを持っていませんか?

 

今回の記事では、断捨離を楽しくラクに続けるための、5つのポイントをお伝えしていきます。

まちゃりさ
まちゃりさ

この記事は次のような人におすすめです!

・断捨離をやっても、すぐモノがあふれてしまう

・断捨離を続けたいけど、やり方がわからない

・断捨離を楽しくラクに続けたい

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

断捨離を楽しくラクに続ける5つのポイント

「断捨離がどうしても苦痛だし、めんどくさい。」

こう思う人も多いでしょう。

過去の私は、「断捨離」というとこんなイメージを持っていました。

まちゃりさ
まちゃりさ

断捨離はなかなか敷居が高いなぁ・・

どうしても手を付けるのを後回しにしてしまう

 

現在では、断捨離を楽しめるようになった私が、

断捨離を「楽しく」「ラクに」「続ける」ためのポイントをご紹介します。

断捨離の5つのポイント
  1. 自分でやる
  2. モノの位置を把握しながら行う
  3. 少しずつ行う
  4. 捨てる以外の方法を見つける
  5. 次はどうすべきかを考える

断捨離に苦手意識を感じている方は、ぜひ実践してみて下さい。 

ポイント1.自分でやる

1つ目のポイントは、「自分でやる」です。

自分自身で、1つ1つのモノと丁寧に向き合っていきます。

  • 過去に、なぜこのモノを買ったのか?
  • 今(あるいは、将来)に本当に必要なモノなのか?

自分の「過去」の行動を振り返り、「今」に視点を向けることが大切です。

 

断捨離を「1人だけでやれ」という意味ではありません。

あくまでも、自分自身の問題として捉えることが大切です。 

ポイント2.モノの位置を把握しながら行う

2つ目のポイントは、「モノの位置を把握しながら行う」です。

  

断捨離でモノを減らすことは、もちろん大事なポイントです。

しかし、それだけでは同じことを繰り返してしまいます。

 

モノが溢れないためには、モノの「定位置」を決める必要があります。

目に見えない場所にあっても、「どこに何があるかを把握できる仕掛けを作ることです。

 

そのために、

  • 忘れないように紙に書いてしまう
  • ラベリングする

このような方法があります。

 

ラベリング収納」には、ピータッチキューブがおすすめです。

参考【ピータッチキューブ】でラベル収納!基本の使い方&5つの使用実例

 

自分だけでなく、一緒に住む家族が「把握しやすく」「使いやすい」場所に位置を決めるのも、大切なポイントです。

↑目次に戻る

ポイント3.少しずつ行う

3つ目のポイントは、「少しずつ行う」です。

1日5分でもいいです。

まず、習慣化することが大切です。

例えば、「断捨離したいモノに触れる」だけでもOKです。

参考【習慣化できないあなたへ】物事を継続するための5つのコツ

 

過去の私には、こんな経験がありました。

  • モノがたくさんで「どこから手をつければよいか」で迷った
  • めんどくさい」が先行し、何もできずに終わった

このとき学んだのが、一度にやろうとすると挫折することです。

 

断捨離を楽しくラクに行うコツは、

一度にすべてやろうとしないこと

です。

 

  • 今日はここだけ5分やってみる
  • 明日は、隣のエリアを5分だけやる

このように、具体的な「場所」と「時間を決め、取り組むことがポイントです。

これで、断捨離をラクに続けられるようになります。

 

「自分なりにやりやすい方法で、少しずつ取り組む」

これが、断捨離を楽しくラクに続けるコツです。

↑目次に戻る

ポイント4.捨てる以外の方法を見つける

4つ目のポイントは、「捨てる以外の方法を見つける」です。

 

不要なモノを捨てる

こう考えると、ハードルが高いことがありませんか?

 

私たちは、

モノを”捨てる”=モノを”失う

と捉えてしまいがちです。

しかし、この考え方を変えると、モノを手放しやすくなります。

参考【書評】『ぼくたちに、もうモノは必要ない』ーモノを捨てるための5つの考え方

 

モノを「譲る」、あるいは「売る」ことは、誰かの役に立つ行為です。

特に「売る」については、「メルカリ」など「フリマアプリ」で、簡単に気軽に実施できる時代です。

 

出品の敷居が高い」という方は、代行サービスに任せるのも1つです。

↑目次に戻る

ポイント5.次はどうすべきかを考える

5つ目のポイントは、「次はどうすべきかを考える」です。

 

断捨離を実施しても、「次にどうすべきか」反省しないと、同じ事を繰り返すことに。

そもそも、なぜモノが溢れたか?

を振り返ってみましょう。

 

例えば、気持ち的に沈んでいたり、

イライラしている状態を解決するため、

モノを買いすぎてしまう「」がついているのかもしれません。

 

自分自身の「傾向」を振り返り、同じことを繰り返さない工夫が必要です。

 

「モノが溜まれば、また断捨離すればいい」

こう考えるのでなく、1回の断捨離を次に活かすことが大切です。 

だんだんと、断捨離せずとも、綺麗な部屋を保てるようになっていきます。

↑目次に戻る

なぜ断捨離をやってもすぐモノが溢れてしまうか?

断捨離をやっても、すぐにモノが溢れてしまう。

結局、断捨離なんて意味がないじゃないか。

このように、考えてしまう人へ。

 

断捨離をやっても、モノが溢れてしまう」には、原因があります。

この「原因」を知り、モノが溢れない部屋を目指しましょう。

理由1.自分でやっていないから

人に断捨離を手伝ってもらえば、一時的に部屋が片付くでしょう。

しかし、それでは根本的な解決にはつながりません。

 

断捨離で大切なことは、物を通して「今の自分」を見つめ直すことです。

 

人に手伝ってもらえば、この「自分を見つめる”過程“」を飛ばすことに。

結果、自分にとって必要なモノがわからずに、同じことを繰り返してしまうのです。

参考断捨離の本来の意味って?断捨離の手順やメリットを解説!

↑目次に戻る

理由2.モノの定位置が決まっていないから

断捨離で大切なのは、残したモノの「定位置」を決めることです。

モノの「定位置」を決めなければ、あちこちにモノが散らかってしまいます。

 

断捨離でせっかくモノを減らしても、

  • 必要なモノが見つからない
  • 気づけば、もう一度同じモノを買ってしまっていた

このように、どこに何があるか把握できていない状態に陥ります。

↑目次に戻る

理由3.1度の断捨離で不要なモノを手放せていない

自分で持てる範囲以上に、モノを持ちすぎている可能性があります。

 

モノへの「執着心」が強いために、モノを手放せない。

結果、いつまでもモノに囲まれて生活している状態。

参考モノへの執着心が強いあなたへ。簡単にモノを減らせる3つの考え方

 

断捨離を「何のために行うか」の目的を改めて考えましょう。

↑目次に戻る

まとめ:断捨離を楽しくラクに続ける5つのポイント!

今年こそ!断捨離を楽しくラクに続ける5つのコツ!

いかがでしたか?

今回は、断捨離を楽しくラクに続ける5つのポイントをお伝えしました。

断捨離の5つのポイント
  1. 自分でやる
  2. モノの位置を把握しながら行う
  3. 少しずつ行う
  4. 捨てる以外の方法を見つける
  5. 次はどうすべきかを考える

 

根本的な問題を解決できなければ、再び同じことを繰り返すことになってしまいます。

せっかく断捨離を行うのであれば、モノが溢れる「原因」を知り、「解決策」を考えてみましょう。

 

大事なことは、自身と向き合うことです。

今回ご紹介したポイントを押さえ、ぜひ楽しく断捨離を実践してみてください。

  

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

おわり。 

コメント

SNS

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました