すてる断捨離

今年こそ!断捨離を楽しくラクに続ける5つのコツ!

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

断捨離をやったものの、すぐにモノがあふれてしまう。

断捨離を続けたいけど、方法がわからない

このような悩みを持っていませんか?

今回の記事では、断捨離を楽しくラク~に続ける5つのポイントをお伝えしていきます。

まちゃりさ
まちゃりさ

この記事は以下のような人におすすめ!

・断捨離をやったものの、すぐにモノがあふれてしまう。

・断捨離を続けたいけど、やり方がわからない

・断捨離を楽しくラクに続けたい

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

断捨離を楽しくラクに続ける5つのポイント

「断捨離がどうしても苦痛だし、めんどくさい。」

こう思う人も多いでしょう。

過去の私は、断捨離というとこんなイメージを持っていました。

まちゃりさ
まちゃりさ

断捨離はなかなか敷居が高いなぁ・・

どうしても手を付けるのを後回しにしちゃう。

 

このように思う方のために、現在は断捨離を楽しめるようになった私が、

断捨離を「楽しく」「ラクに」「続ける」ためのポイントを5つご紹介します。

断捨離5つのポイント
  • ポイント1.自分でやる
  • ポイント2.モノの位置を把握しながら行う
  • ポイント3.少しずつ行う
  • ポイント4.捨てる以外の方法を見つける
  • ポイント5.次はどうすべきかを考える

断捨離に苦手意識を感じている方は、ぜひ実践してみて下さい。

 

ポイント1.自分でやる

1つ目のポイントは、「自分でやる」です。

自分自身で、1つ1つのモノと丁寧に向き合っていきます。

  • 過去に、なぜこのモノを買ったのか?
  • 今、あるいは、将来に本当に必要なモノなのか?

自分の過去の行動を振り返り、今に視点を向けることが大切です。

これは、断捨離を「1人だけでやれ」という意味ではありません。

あくまでも、自分自身の問題として取り組むことが大切です。

 

ポイント2.モノの位置を把握しながら行う

2つ目のポイントは、「モノの位置を把握しながら行う」です。

断捨離で残すことに決めたモノ

これをどうするかについても、考える必要があります。

  

断捨離でモノを減らすことは、もちろん大事なポイントです。

しかし、それだけでは同じことを繰り返してしまいます。

 

モノが溢れないためには、モノの定位置を決めてあげる必要があります。

目に見えない場所にあっても、どこに何があるかを把握できる仕掛けを作ることです。

そのために効果的なのは、

  • 忘れないように紙に書いてしまう
  • ラベリングする

こういった方法があります。

ラベリング収納には、ピータッチキューブが効果的です。(関連:【ピータッチキューブ】でラベル収納!基本の使い方&5つの使用実例

また、自分だけでなく、家族が把握しやすく使いやすい場所にセッティングするのも大切なポイントです。

 

ポイント3.少しずつ行う

3つ目のポイントは、「少しずつ行う」です。

1日5分でもいいです。まずは、習慣化することが大切です。

過去の私には、こんな経験がありました。

  • モノがたくさんあって「どこから手をつければよいのか」で迷ってしまった
  • 「めんどくささ」が先行してしまい、結局何もできなかった

このとき、学んだのが一度にやろうとすると挫折することです。

 

断捨離を楽しくラクに行うコツは、一度にすべてやろうとしないこと

  • 今日はここだけ5分やってみる
  • 明日は、隣のエリアを5分だけやる

このように、具体的な場所と時間を決めて行うことがポイントです。

これで断捨離をラクに続けられるようになります。

 

まずは、習慣化することが大切。ハードルを下げてみるのも大事です。

例えば、「断捨離したいモノに触れる」だけでもOKです。

「自分なりにやりやすい方法で、少しずつ取り組む」

これが、断捨離を楽しくラクに続けるコツです。

 

ポイント4.捨てる以外の方法を見つける

4つ目のポイントは、「捨てる以外の方法を見つける」です。

不要なモノを「捨てる」となると、どうしてもハードルが高い場合もあるのではないでしょうか?

モノを「捨てる」こと=モノが「なくなる」ことと捉えてしまいがちです。

しかし、考え方をシフトするとモノを手放しやすくなります。

こういうときは、モノを「譲る」、あるいは「売る」ことで、誰かの役に立つと考えます。

特に「売る」ことは、だれでも簡単に気軽にできるようになってきています。

メルカリなどのフリマアプリを使って、簡単にお小遣い程度は稼げる時代です。

出品の敷居が高いという方は、代行サービスに任せるのも1つです。

【マカセル】

  • 出品経験豊富なプロが商品撮影、質問対応、値段決めまですべて代行してくれます。
  • 条件も事前にチャットで相談できるので、安心。
  • 手数料が割安なうえ、24時間対応など、サポート面が充実。

気になる方はこちらから↓

 

ポイント5.次はどうすべきかを考える

5つ目のポイントは、「次はどうすべきかを考える」です。

断捨離を行っても、次にどうすべきかについて反省しないと同じ事を繰り返すことに。

「なぜモノが溢れてしまうことになったのか?」について振り返りましょう。

例えば、気持ち的に沈んでいたり、イライラしている状態を解決するためにモノを買いすぎてしまう癖がついているのかもしれません。

自分自身の傾向を振り返り、同じことを繰り返さない工夫が必要です。

また「モノが溜まったら、断捨離すればいいやー」と考えるのでなく。

1回の断捨離を次に活かすことがポイントです。

工夫を重ねていくことで、だんだんと断捨離をしなくても綺麗な部屋を保てるようになっていきます。

なぜ断捨離をやってもすぐモノが溢れてしまうか?

断捨離をやっても、すぐにモノが溢れてしまう。

結局、断捨離なんて意味がないじゃないか。

そんな風に考えてしまう人へ。

断捨離をやってもモノが溢れてしまうのには、理由があります。

この原因を知って、モノが溢れない部屋を目指しましょう。

理由1.自分でやっていないから

人に断捨離を手伝ってもらえば、一時的に部屋が片付くでしょう。

しかし、それでは根本的な解決にはつながりません。

断捨離で大切なことは、持ち物を通して今の自分を見つめ直すことです。

今の自分、そして生活を見直し今の自分にとって本当に必要か?を考えます。

そして、自分の価値や将来の理想像を考えていくのです。

人に手伝ってもらえば、この自分を見つめる”過程“を飛ばすことに。

結果、自分にとって必要なモノがわからずに、同じことを繰り返してしまうのです。

理由2.モノの定位置が決まっていないから

断捨離を行う際にもう1つ大切なのは、残したモノの定位置を決めることです。

モノの定位置を決めることができないと、モノがあちこちに散らかってしまいます。

結果、どこに何があるかわからない状態になることに。

断捨離でせっかくモノを減らしたとしても、

  • 必要なモノが見つからない
  • 気づけば、もう一度同じモノを買ってしまっていた

こうした状態になります。

 

理由3.1度の断捨離で不要なモノを手放せていない

自分の生活圏で持てる範囲以上に、モノを持ちすぎている可能性があります。

断捨離を行っても、モノへの執着心が強いためにモノを手放せない。

結果、いつまでもモノに囲まれて生活している状態。

断捨離を何のために行うのか、目的を改めて考えるべきです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、断捨離を楽しくラクに続ける5つのコツをお伝えしました。

断捨離を一時的に行ったとしても、根本的な問題を解決していなければ、再び同じことを繰り返すことに

せっかく断捨離を行うのであれば、モノが溢れる原因を知り、解決策をを考えてみましょう。

大事なことは、自身と向き合うことです。

ポイントを押さえて、ぜひ実践してみてくださいね。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

おわり。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました