すてるミニマリスト断捨離

憧れの「ミニマリスト」になりたい!まずは、12個捨ててみよう!

この記事は約13分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

 

ミニマリストに憧れる。でも、何から捨てていいかわからない・・

必要最小限のモノで生活する「ミニマリスト」。

憧れますよね。

 

本記事は、ミニマリストを目指す方のため、

ミニマリストの私が、実際に捨てて困らなかった12個のモノをご紹介していきます。

 

それでは、どうぞ!

 

スポンサーリンク

ミニマリストとは?

 

最初に「ミニマリスト」について確認しておきましょう。

ミニマリスト」とは、必要最低限のモノだけで暮らす「人のことです。

 

ミニマリストのように「モノを持たない生活」って憧れます。

ミニマリストになれば、このような生活が手に入ります。

  • スッキリした暮らしを手に入れることができる
  • 頭がスッキリして、物事への集中力が高まる

  

でも、私が「ミニマリスト」になるなんて、想像できません

ミニマリストになるのは、実は、そう難しいことではありません

かつて日本人は、みながミニマリストでした。

 

持っている着物は2、3着程度。

茶室には、余計なモノが一切ありませんね。

このようなミニマルな生き方は、誰しもができるのです。

 

しかし、現代社会はあまりにも多い情報とモノに溢れています。

これが、いらないモノを「減らし」、身軽にする「ミニマリスト」の生き方を加速させる理由の1つになっています。

 

まずはここから捨てよう「12選」

 

モノを持たない「ミニマリスト」生活。

始めるにあたって、まずは、簡単に手放せるモノから手放していきましょう!

 

ミニマリストである私が、実際に手放して困らなかった12個のモノをご紹介していきます。

 

捨てても困らなかった12個のモノ
  • 洋服
  • 靴下
  • 下着
  • 布団
  • 付録類
  • ノート
  • 文房具類
  • 賞味期限切れの調味料
  • ポイントカード、診察券
  • MDプレイヤー/CD
  • 古い免許証
  • 学生時代の賞状、書類
まちゃりさ
まちゃりさ

こういったモノが眠っていないかチェックしてみましょう!

 

1.洋服

まずは、洋服です。

 

次のような洋服は、思い切って処分します。

  • 1年以上着ていない服
  • 今の体型で着られない服
  • 時代に合っていない服

 

服の断捨離については、「【いらない服を捨てる】捨てられない服を手放す6つの基準と量をキープする2つのポイント」をご参考にしてください。

 

また、服を捨てるのがどうしても「もったいない」と考えてしまう人は、服を捨てるのが「もったいない」は当たり前。気持ちを整理する3つの方法をご参考にしてみてください。

 

2.靴下

次に、靴下です。

 

家の中に、このような靴下はありませんか?

  • 穴が開いて片方を処分した靴下
  • 片方が行方不明だった靴下
  • 1年以上履いていない靴下

 

靴下は「まだ使えるかも」と考えて「とりあえず取っておこう」を選択してしまいがちです。

 

しかし、意外と収納スペースを取るモノ。

思い切って手放してみると、スッキリします。

 

3.下着

下着は、捨てる基準がわかりずらいモノです。

自分なりに基準を設けて手放すのがポイントです。

 

例えば私は、このような基準で手放しています。

  • 古くて黄ばみが目立つ下着
  • 綻びが入っている下着
まちゃりさ
まちゃりさ

下着は手放す「基準」を設け、定期的に見直します!

 

4.布団

次に、布団です。

 

使っていない布団はありませんか?

もしくは、汚れが目立っていたり、ボロボロになっている布団はありませんか?

 

布団もつい、「まだ使えるから」という理由でとっておいてしまいがちです。

まちゃりさ
まちゃりさ

布団も基準を設け、定期的に見直しましょう!

 

5.付録類

続いて、付録類です。

 

発泡酒やドリンクを買ったときについてくる付録類には、次のようなモノがあります。

  • キーホルダー
  • ノート
  • ワインオープナー

 

これら、使っていないようなら、手放しましょう。

なくても問題ありません。

 

6.ノート

次は、ノートです。

 

最後まで使いきれずに放置されているノートはありませんか?

これらは、思い切って手放してみましょう。

 

書類の捨て方は、「もう困らない!「溜まりやすい」書類の片付け・捨て方【3つ】のコツ」をご参考にしてください。

 

7.文房具

使っていない文房具は、つい捨てられないモノです。

文房具の中でも、書きやすい・使いやすいお気に入りの文房具に絞っていきます。

 

8.賞味期限切れの調味料

賞味期限が切れている調味料はないですか?

思い切って処分すると、冷蔵庫が広くなって使いやすくなります。

 

料理も楽しくできるようになります。

まずは、賞味期限切れから処分するのがベスト。

 

冷蔵庫の中身は、断捨離しやすい場所です。

捨て方のコツは、【入門】冷蔵庫の中身を断捨離しよう!気分すっきりな捨て方&管理法をご参考にしてください。

  

9.ポイントカード、診察券

あることを忘れやすい「ポイントカード」と「診察券」です。

 

ポイントカードは、有効期限が1年であることが多いです。

有効期限切れのモノは、速攻処分します。

そもそも、ポイントカードを持ちすぎないことも大切です。

 

診察券も、引っ越しなどを機会に使わなくなることが多いモノです。

使っていない(使うことがない)診察券は、処分しましょう。

 

個人情報は、シュレッダーで処分するのが便利です。

 

10.MDプレイヤー/CD

夫の持ち物から出てきた「MDプレイヤー」と「CD」です。

 

再生機器がなければ、持っておいても意味がありません。

現在は、YouTubeやAmazonMusicなどを利用すれば、実質無料で音楽が聴けます。

 

音楽再生機器を持たずに生活することもできます。

 

11.古い免許証

なんとなく捨てずにとってある「免許証」はありませんか。

情報を更新している場合、とっておいても意味がないモノです。

 

取っておきたい場合は、写真などでデジタル化して処分します。

 

12.学生時代の賞状や書類

これも、免許証同様、何となくとっておいてありませんか?

思い出を大切にしつつ、写真などでデジタル保管しましょう。

 

断捨離のコツ3つ

 

ここからは、「断捨離」のコツを3つご紹介します。

断捨離の3つのコツ
  • 「捨てる」ことを目的にしない
  • 一度にやろうとしない
  • 空間を大切にする

 

コツ①「捨てる」ことを目的にしない

「捨てる」ことを目的にすると、うまくモノを手放すことができません。

1つ1つのモノが、いまの自分にとって必要かどうかを判断します。

 

結果「不要」と判断できれば、「譲る」か「捨てる」を選びましょう。

「捨てる」だけでなく、「譲る」という選択肢を入れることで、モノを手放しやすくすることができます。

ただし、押し付けにならないように注意。

 

「譲る」場合は、メルカリラクマなどで売るのがおすすめです。

 

フリマアプリを利用したいけど、面倒と感じる方は、出品の代行サービスを利用するのも1つ。

販売で出た収益をもらえ、捨てるよりもかなりお得です。

 

コツ②一度にやろうとしない

断捨離を一度に実行しようとすると、どこから手をつければいいかわからなくなります。

 

「今日はキッチン、明日はリビング」など・・・。

段階的に少しずつ実行することで、無理なく続けやすいです。

 

断捨離は、無理やり行うものではありません。

楽しくやることを心がけましょう。

 

コツ③空間を大切にする

モノを残しておくということは、その分の「場所代がかかっている」ことを認識します。

実際に処分してみるとわかると思いますが、少しでもモノを処分していくとスッキリできます。

 

使わないモノの場所代を払い続けるのか?

それとも、

使わないモノは手放してスッキリした空間を手に入れるのか?

 

どちらを選ぶのも、あなたの自由です。

でも、どうせならいつでも人を呼べる「スッキリとした」空間を手に入れましょう。

 

「スッキリとした」空間を手に入れるためには、使っていないモノを手放す以外ありません。

捨てることで得られるものはたくさんあります。

 

まとめ:断捨離でミニマリストになろう!

 

いかがでしたか?

今回は、ミニマリストの私が、実際に捨てても困らなかったモノ12個をご紹介しました。

捨てても困らなかった12個のモノ
  • 洋服
  • 靴下
  • 下着
  • 布団
  • 付録類
  • ノート
  • 文房具類
  • 賞味期限切れの調味料
  • ポイントカード、診察券
  • MDプレイヤー/CD
  • 古い免許証
  • 学生時代の賞状、書類

 

必要なモノだけに囲まれる生活は、自己肯定感を高めることができます。

私は、断捨離と出会い、自分の気持ちと向き合えるようになりました

 

まずは、身近で処分できるモノから断捨離していきましょう。

断捨離を「始めてみる」ことから、「ミニマリスト」は始まります

楽しみながら、スッキリした空間を手に入れてください。

 

それでは、今回はこの辺で終わります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おわり。

 

コメント

SNS

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました