すてるミニマリスト著書レビュー

【ミニマリスト】誕生の3条件とは?|ぼくたちに、もうモノは必要ない。/佐々木典士著

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

最近よく耳にする「ミニマリスト」。私自身も、モノを持たない暮らしを目指しています。

今回は、「ミニマリスト」がなぜ誕生したのか?背景にあった「3つの条件」にフォーカスして考えていきます。

本記事は、著書『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(佐々木典士 著)をもとに、本の中で印象に残ったポイントと感想をまとめたものです。

本記事の内容

1.ミニマリストとは?
2.ミニマリストはなぜ生まれたのか?誕生の「3条件」
3.これからどう生きていくべきか

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

ミニマリストとは?

最近は、色々な場所で「私は”ミニマリスト”です。」と主張する人が増えたように思います。

かくいう私も「ミニマリスト初心者です」と名乗ることがあります。

以下の記事では、「ミニマリスト」を「必要最低限のモノだけで暮らす人」とお伝えしました。

著者の佐々木氏は、「ミニマリスト」を次のように捉えています。

「本当に自分に必要なモノがわかっている人」
「大事なもののために減らす人」だと、ぼくは考えている。

引用:『ぼくたちに、もうモノは必要ない。(佐々木典士著)

「ミニマリスト」に厳格な定義やルールはなく、自分の大事なものに軸を置いて、必要に応じてモノを減らす手段をとる人です。

僕が思うミニマリストは、ただ他人の目線だけを気にした「欲しい」モノでなく、自分に「必要」なモノがわかっている人。大事なものが何かわかっていて、それ以外を「減らす」人のことだ。

引用:『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(佐々木典士著)

何をどのように、どのくらい減らすのかに正解はないといいます。

当ブログの1つのテーマ「断捨離」ともリンクしており、両者に共通しているのが、必要なモノを問いかける視点です。

そして、大事なものや大切にしたいことを軸に、必要でないモノや考えを減らす考え方です。

ミニマリストはなぜ生まれたのか?誕生の「3条件」

さて、著者の佐々木氏は、ミニマリストが生まれた背景には、必然となる「3条件」があったのではないかと提起しています。

ミニマリスト誕生の「3条件」
  • 増えすぎた情報とモノ
  • モノを持たないで済む、モノとサービスの発展
  • 東日本大震災

増えすぎた情報とモノ

これは言わずもがなという部分もありますが、現代社会はあまりにも多い情報とモノで溢れています。

一方、私たち人間の脳みそは5万年前から進化していないのだそうです。

つまり、「進化していないハードウェアに情報もモノも詰め込みすぎている」これが現代です。

限られたハードディスクには不必要な情報が満載。貴重なメモリは、他人の目線を気にして、モノを追いかけ、管理することに大きく割かれる。そうなると本来の大事なことが見えづらくなるのも当然だろう。そして次々とつかの間の娯楽を消費し続ける。それすら億劫になって、スマホのゲーム、ゴシップ、アルコールなど簡単に自分をごまかせるものに手を出すようになる。かつてのぼくがまさにそうだった。

引用:『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(佐々木典士著)

うわ。と気付かされた思いでした。

どうでしょう?私と同じように、知らないうちに自分をごまかしてばかりであることに気づかされた方はいませんか?

そうなのです。現代の発展は目覚ましく、到底人間の進化が追い付いていないのが現状です。

すると、本質が見えなくなる。

本質が見えないから、つかの間の娯楽を消費してごまかす。それすら億劫になって・・(あと省略)

著書の佐々木氏は、自分のことを”「処理中」のままぐるぐるしている重いパソコン”だったと振り返ります。

いつも作業でいっぱいで、情報を入れても新しい答えを出せず、機能と同じ答えを出し続けるだめなパソコンだった。

引用:『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(佐々木典士著)

だからこそ、いらないモノを「減らし」、身軽にしていくしかないといいます。

人間が進化できない代わりに、身軽になるしかないのです。

モノを持たないで済む、モノとサービスの発展

2つ目のミニマリスト誕生の条件は、「モノを持たないで済む、モノとサービスの発展」です。

モノが便利に発達したおかげで、モノ自体を持たなくて済むようになったのです。

その代表格が「スマホ」の誕生です。

電話、カメラ、テレビ、オーディオ機器、ゲーム機、時計、カレンダー、懐中電灯、地図、メモ帳、手帳、コンパス、路線図、辞書、カタログ、通帳、飛行機のチケット・・等

スマホ1つで、これだけのモノを持つ必要がなくなりました。

モノが少ない「ミニマリスト」は、1つで多くの役目を担えるスマホの誕生は必要不可欠でした。

また「モノを減らすためのモノ」も誕生したおかげで、捨てるのに困ったら、簡単にデジタル化できるようになりました。

例えば、書類をデジタル化できる「ドキュメントスキャナ」です。

書類もデジタル化できるようになったことで、手放せる書類の量がかなり減りました。

他にも「シェアサービス」の発展も背景にあるといいます。

車を持たない「カーシェアリング」や自転車を共有する「バイクシェア」など、ここ最近で著しく広がりました。

これで、車や自転車を「必要なときだけ、使う」ということができるようになりました。

東日本大震災

3つ目のミニマリスト誕生の条件は、意外にも「東日本大震災」です。

東日本大震災はあらゆる点で、ぼくたちの価値観に影響を与えたが、「モノ」に対しての考え方にも決定的な変更を迫ったと思う。

引用:『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(佐々木典士著)

溜め込んでいたモノたちが、地震によって、いきなり凶器へと変わりました。

モノが多いことがかえって、リスクを増加させたのです。

そして、津波が大事にしていたモノをすべて流してしまいました。

こう考えると、自らの身を守るためには、モノをむやみに取っておく生き方は価値がない。

むしろ、自らの身を守るためにも、最低限のモノだけで暮らす「ミニマリスト」の生き方が求めらるようになったのです。

これからどう生きていくべきか

ミニマリスト誕生の背景となった3つの条件は、「増えすぎた情報とモノ」「モノとサービスの発展」「東日本大震災」でした。

これを踏まえて、これからどう生きていくべきかを考えたいと思います。

私は、情報とモノに支配されるのでなく、支配できる生き方を目指すべきでないかと思います。

そのためには、ミニマリストのように本来必要なモノに絞った生き方にシフトするのがいいと思っています。

かつての日本人はみなが「ミニマリスト」でした。

持っている着物は2、3着程度とわずかだが、こざっぱりしていていつも清潔。

家は簡素で永住するものではなく、すぐに建て替えがきく。

そんな生活でした。

そして、茶室に代表される日本文化はミニマルな生き方が「美」であることを表しています。

日本で常にヒットしているiPhoneも、余計なボタンはなくシンプルです。

シンプルだからこそ、使いやすく美しいことに気付くべきです。

また、モノが多いことは、ときに自身を危険にさらすリスクと化します。

情報やモノが多い現代だからこそ、1人ひとりが持つべきモノ、情報を絞りコントロールしていく必要があります。

でなければ、あっという間にモノと情報に忙殺されてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、著書『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(佐々木典士 著)をもとに、ミニマリスト誕生の3条件についてご紹介しました。

本記事を読んだあなたが、モノや情報の溢れた現代において、自己を確立するシンプルでミニマルな生き方を知るきっかけとなれば幸いです。

私は、これからも幸せになるためにミニマルな生き方を目指していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おわり。

本記事でご紹介した本について

・『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』(佐々木典士 著)

ミニマリストである佐々木氏による著書。

かつての汚部屋からミニマリストになった経験をもとに、モノが増えてしまう原因やモノの減らし方、モノを減らして変わったこと等を綴っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました