すてる断捨離

【内容・感想】ウチ、断捨離しました!|壊れた愛を取り戻せ!瀬戸際夫婦 “修復の糸口”#122回

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

本記事では、BS朝日「ウチ、”断捨離”しました!」2022年6月13日放送回(第122回)内容・感想をまとめます。

今回は、夫婦関係を修復するための断捨離物語です。

 

今回の放送回のポイントを、3点でまとめました。

  1. 夫婦関係を修復するきっかけとしたい
  2. まずは、自分の物から断捨離
  3. 判断を先延ばしにしていることに気付く

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

夫婦関係、崖っぷち!片付けられない妻

今回の出演者は、京都府にお住まいの、ゆいさん(51歳)です。

家は、築20年の一戸建て。夫のゆうたさん(54歳)と、小学2年生の娘と3人暮らしをしています。 

妻のゆいさんは、片付けが苦手です。長年、夫婦で片付けをめぐって対立してきました…。

 

これまでも、離婚の危機がありましたが、話し合いで何とか解決。

しかし、現状は口を開けば喧嘩ばかり。夫婦関係は冷え切ってしまっているようです。

子供のためにも、夫婦関係を修復する糸口としたい」と、今回の断捨離を決意しました。

 

断捨離のメインは、2階の洋室。

物置状態の部屋ですが、居場所がないご主人のために、仕事部屋として明け渡したいと考えています。

断捨離で、夫婦関係を修復するきっかけを生み出すことができるでしょうか?

↑目次に戻る

断捨離スタート!

やましたさんが訪問し、部屋を一通り確認します。

問題になっている2階の洋室もチェック。

実はゆいさんは、何度か断捨離に挑戦してきたそうですが…

捨てようと思っても、「まだ使える」「もったいない」という気持ちが先行し、断捨離を思うように進められなかったと話します。

 

やましたさんは、次のように確認します。

やましたさん
やましたさん

部屋を役立つ有りさまにしたら、誰に一番役立つだろう?

ゆいさんは、これに「主人です」と答えます。

やましたさん
やましたさん

ご主人のために役立つ空間を作ろう

やましたさんは、現在の危機的な状況と、ゆいさんの気持ちを確認しました。

しかし、この物置部屋。あまりにも物が多く、断捨離のトレーニングには不適切と判断。

そこで、目をつけたのは、2階廊下のクローゼットです。

↑目次に戻る

2階廊下のクローゼットは、夫に明け渡す気持ちで断捨離

クローゼットには、書類や、ゆいさんとゆうたさんの洋服、鞄類が混在しています。

断捨離するにあたり、「一緒にやっていかないと…」と話す、ゆいさん。

これに、やましたさんは、

やましたさん
やましたさん

まずは自分の物

ここをまずは、ご主人の専用にするくらいの気持ちで

こう伝え、先に自分の物を断捨離するように伝えます。

やましたさん曰く、ここは「一緒にやりたいような雰囲気じゃない」から。

まともに会話もできない状況で、断捨離を一緒にやるのは難しいと判断しました。

 

中身を全て出して見ると、大量のバッグが出てきます。

しかし、ゆいさんは手が止まってしまいます。

結局、1つも処分できず、保留とすることに…。

 

続いて、洋服。黒い服が何枚も出てきました。

悩むゆいさんに、やましたさんは、実際に着て判断することを勧めます。

いざ着てみるのですが、やっぱり悩んでしまうゆいさん。

今年の夏に着なかったら捨てる」と、判断を先延ばしにしようとします。

やましたさんは、”判断を先延ばしにしてきた結果が、こうなっている”と厳しく伝えます。

ゆいさんは、服飾関係の仕事をしていたそうで、服や鞄には思い入れが強いと言います。

 

書類は捨てられたものの、結局、服や鞄は捨てられず、終了。

クローゼットは、ゆいさんの物をなくしたことで、スッキリしました。

ここを、ご主人専用のスペースとして、譲ることにしました。

ピリピリしていたご主人にも、笑顔が戻りました。

まちゃりさ
まちゃりさ

たしかに、一緒に断捨離をやりたいとは思えない空間でした。

自分の物をなくし、相手にスペースとして明け渡すという考え方、大事ですね。

↑目次に戻る

断捨離開始から1週間:夫婦の亀裂の原因は?

断捨離開始から1週間。

廊下には、大量のゴミ袋が。紙類の断捨離は、順調に進んでいるようです。

 

この日は、物置部屋の片隅にある「棚」を整理します。

そこには、服飾系の仕事の道具が大量に残っていました。

しかし、ボタンを手にとったゆいさんは、「メルカリで売ってみようかな…」と。

結局、「今日は捨てない」と判断することになりました。

 

さて、ゆいさんは、夫婦仲がこじれた原因は、自分にあると話します。

服飾の仕事を第一に置いていた、ゆいさん。

31歳で結婚してからは、結婚と仕事、どちらもうまくやっていける自信がありました。

しかし、相手を思いやる気持ちが不足していたと話します。

今回の断捨離は、ゆいさんの贖罪の意味も込められているのです。

まちゃりさ
まちゃりさ

一度関係がこじれてしまうと、なかなか修復が難しいのが、人間関係・・・。

今回の断捨離をきっかけに、関係が改善することを願っています。

↑目次に戻る

断捨離開始から3週間:見つかる?関係修復の糸口

断捨離開始から、3週間。

2階の物置部屋に行くと、ゆいさんの物はすっかりなくなり、後はゆうたさんの物だけ残っています。

この日は、ゆうたさんが自分の物を断捨離します。

片付け上手で、決断が早いゆうたさんは、スムーズに断捨離を進めていきます。

 

ゆいさんにも変化があります。

やましたさんが来た時に、捨てられなかった黒いワンピースを手放すことに決めました。

迷ったら捨てる方向で

と決め、断捨離のラストスパート。

 

そんなとき、娘から母の日のプレゼントが届きます。

ゆうたさんは、娘を連れてプレゼントを買ってきてくれたのです。

直接は言わないけど、陰ながらずっと応援している、ゆうたさんでした。

↑目次に戻る

1か月後:やましたさん再訪

1ヶ月の断捨離を終え、やましたさんがやってきます。

さっそく、2階の部屋へ移動すると、そこには、物が明らかになくなった部屋が!

物置部屋状態だった部屋は、ゆうたさんがゆっくりと仕事ができる部屋になりました。

 

和室は、ゆうたさんが単身赴任からの荷物が溜め込まれていましたが、ここもスッキリ。

さらに、部屋の隅のスペースには、新婚旅行の思い出の「引き出し」と、「家族3人の写真」を飾ることができました。

 

最後は、家族3人で、ダイニングテーブルを囲えるようになりました。

まちゃりさ
まちゃりさ

再スタートはここから!がんばれ!ゆいさん!

↑目次に戻る

番組を観ての感想

まちゃりさ
まちゃりさ

部屋のありさまは、思っているよりも重要!

最後のやましたさんの言葉にも出てきますが、私たちが思う以上に、部屋のありさまは人間関係に影響します

ゆうたさんも、本来、綺麗好き。

しかし、何度言っても、片付けられない、捨てられない妻に諦めの気持ち。

このやり場のない気持ちが、夫婦関係に亀裂を生んでしました。

「誰のせい」というわけでもありませんが、夫婦で部屋のありさまを重要視していくことが大切です。

 

断捨離に役立つポイントを3つまとめました。

  1. まずは自分の物から断捨離し、スペースを明け渡す
  2. 判断の先延ばし癖に気付く
  3. 「迷ったら捨てる」気持ちで、捨てられる

ぜひ、断捨離に活用していきましょう!

まとめ

【内容・感想】ウチ、断捨離しました!|壊れた愛を取り戻せ!瀬戸際夫婦 “修復の糸口”#122回

いかがでしたか?

今回は、夫婦関係を修復するための断捨離物語でした。

  

最後にやましたさんは、こう締めくくります。

やましたさん
やましたさん

部屋のありさまが夫婦関係に亀裂を生む

ゆうたさんの態度は、威圧的でした。

でも、やましたさんには、居場所がないことに対する、やり場のない怒りの表現に見えると言います。

家のありさまは、私たちの想像以上に、夫婦関係に亀裂を入れるもので、これに無頓着であることは、一番の問題と話します。

まちゃりさ
まちゃりさ

家の空間をきれいに保つ」、「居場所を持つ」ことの重要性を実感。

私たちは、つい、捨てることの判断を保留にしてしまいがちです。

夫婦関係を良好に保つためにも、定期的な断捨離に挑戦していきたいものです。

あわせて読みたい

夫婦の関係修復の断捨離過去放送回)は、こちら!

 

それでは、来週もお楽しみに!

おわり。

↓ ↓ ↓

↑目次に戻る

「ウチ、”断捨離”しました!」とは?

「ウチ、”断捨離”しました!」は、毎週月曜日の夜8時からBS朝日で放送中の番組です。

2022年10月より、毎週火曜日の夜9時からにお引越ししました。

ウチ、“断捨離”しました! | BS朝日
BS朝日「ウチ、“断捨離”しました!」の番組サイト。

断捨離提唱者の「やましたひでこ」さんが、片づけられない!捨てられない!家族の元を訪れ、一緒に断捨離を行っていくドキュメンタリー番組です。

↑目次に戻る

「ウチ、”断捨離”しました!」見逃し回を見るには?

放送終了後、以下のサービスで無料配信されています。(最新話のみ)

最新話は以下からチェック

▼番組公式本はこちら

コメント

SNS

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました