すてる断捨離

【感想】ウチ、断捨離しました!|コレクター夫に大迷惑!姉さん 女房怒りの一撃#77回

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

今回は、BS朝日「ウチ、”断捨離”しました!」2021年7月12日放送回(第77回)の内容をもとに、断捨離への活用ポイントについて解説します。

今回は、コレクター”夫”とそれを支える”妻”の二人三脚での断捨離物語です。

 

この記事を書いている私は、ミニマリストです。

断捨離のやり方を学ぶため、毎週「ウチ、”断捨離”しました!」を観て勉強しています。

忙しくて観る時間がない方や、断捨離のコツやポイントについて知りたい方のために、放送回ごとのポイントをご紹介します。

 

今回の放送回を、3点でまとめました。

放送回のダイジェスト
  • コレクター夫の断捨離!
  • モノとのお別れの仕方
  • 粘着度の少ないモノから手放すこと

 

気になる方は、以下からチェックしてみてください↓

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

「ウチ、”断捨離”しました!」とは?

 

「ウチ、”断捨離”しました!」は、毎週月曜日の夜8時からBS朝日で放送中の番組です。

ウチ、“断捨離”しました! | BS朝日
BS朝日「ウチ、“断捨離”しました!」の番組サイト。

断捨離提唱者の「やましたひでこ」さんが、片づけられない!捨てられない!家族の元を訪れ、一緒に断捨離を行っていきます。


モノと向き合い、「今の自分にとって大事なことは何か」と向き合うことで家族に密着するドキュメンタリー番組です。

 

倉庫のような家!愛するおもちゃの断捨離!

 

今回の出演者は、東京中央区の月島にお住まいの、まことさん(59)・みゆきさん(67)ご夫婦です。

玄関から大量のフィギュアがお出迎えします。

廊下は、まっすぐに立つことができないほど狭いです。

 

夫のまことさん。興味があれば、それをどんどんと仕事にしてきました。

その行動に幾度となく振り回されてきた、みゆきさん。

家の片付けまで手が回らず、まことさんが集めるモノがみるみる溜まっていきました。

 

今回、断捨離に挑戦したいと言い出したのも、まことさんです。

昨年の12月にお母さんが亡くなったことがきっかけとなりました。

 

母の友人の「お線香だけでもあげたい」という声。

家の状態のせいで、ずっと断り続けてきました。

断捨離で大量のモノを減らし、思い出だけを残すことに決めました。

 

さて、今回はどのような断捨離になるのでしょうか?

 

活用ポイント3選

 

断捨離への活用ポイントを3点にまとめます。

断捨離に活用できるポイント
  • 粘着度の少ないモノから手をつける
  • 売って別れたコレクション
  • 古着がワクチンになる

順番に解説していきます。

 

粘着度の少ないモノから手をつける

やましたさんが訪問します。

 

コレクションで溢れる家の状態を、”暮らしにくいワンダーランド”と表現します。

 

やましたさんから、断捨離を始めるにあたってのアドバイスがあります。

好きで集めたモノとどうお別れするか?

やましたさん
やましたさん

お別れの仕方には、「あげる」「売る」「寄付」の選択肢もあります。

今回は、「あげる」「売る」「寄付」の選択肢を視野に入れ、断捨離に取り組むこととしました。

 

そして、もう1つアドバイスがあります。

やましたさん
やましたさん

粘着度の少ないモノからやっていく

愛着の強いモノから、断捨離をいきなり開始するとハードルが高いといいます。

まずは、生活に根差したキッチンから断捨離を開始することにしました。

まちゃりさ
まちゃりさ

コレクションなど、愛着の強いモノは、粘着度の低いモノから手をつけていこう!

  

売って別れたコレクション

やましたさんが帰った後、ついにコレクション類に手を付け始めます。

 

キッチンの断捨離に黙々と取り組む、妻みゆきさんの姿勢に、まことさんも感化された様子です。

断腸の思いで、コレクション類を業者に売ることに決めました。

 

総数は、全部で段ボール46箱分にもなりました。

査定額は25万5,374円!!

 

さらには、DVD、CD、本などは、近くの本屋さんに査定してもらうことに。

総数は、797点にもわたりました。

査定額は、45,870円!!

 

売れそうなモノは、宅配買取サービスを利用するのが便利です。

段ボールにまとめて、日時を予約。

後日、引き取りと査定をしてくれます。

 

▼エコリング

年間50万点以上の買取実績あり。ブランド・金・不用品の買取専門店です。

  

▼いーあきんど

本・DVD・ゲーム・レゴ・フィギュア・ホビー等の買取強化中です。

 

まちゃりさ
まちゃりさ

これら、宅配買取サービスを利用することで、一気に断捨離が進むので積極利用してみてください。

 

古着がワクチンになる

コレクションの次は、服の断捨離です。

 

まことさんは、古着を贈るとワクチンに変わる活動を見つけてきました。

それが、こちらの「古着deワクチン」です。

 

専用回収キットを購入し、不要になった衣類等を詰め込みます。

専用回収キット一口につき、5人分のポリオワクチンが寄付される仕組みです。

また、送った古着も再利用されるといいます。

 

まちゃりさ
まちゃりさ

服をただ処分するだけでなく、誰かのためになる活動を、との考え方がとても素敵です。

服を処分する際は、ご検討してみてください。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、コレクター”夫”とそれを支える”妻”の断捨離でした。

夫婦で協力して断捨離を進める姿が、印象的でした。

 

今回のポイントは、次の3つでした。

断捨離に活用できるポイント
  • 粘着度の少ないモノから手をつける
  • 売って別れたコレクション
  • 古着がワクチンになる

1つ目は、好きで集めたモノとのお別れの仕方として、粘着度の少ないモノから手をつけること。

2つ目は、コレクション類は、宅配買取サービスを利用して売ること。

3つ目は、古着がワクチンに代わる活動があること。

この3つでした。

 

 

最後にやましたさんは、こう締めくくります。

やましたさん
やましたさん

物を惜しむ気持ちは誰にでもある

 

モノを惜しむのは、当たり前。

しかし、愛着のあるモノが自分の空間で生かせないときには、違う環境で生かされることを想像すると取り組みやすいと言います。

その意識へのシフトが、今回の断捨離の成功につながりました。

 

まちゃりさ
まちゃりさ

空間には限りがある。モノを愛するからこそ、モノが1番生かされる環境へのシフトを視野に入れることが大切なんですね!

 

それでは、来週もお楽しみに!

おわり。

↓ ↓ ↓

「ウチ、”断捨離”しました!」見逃し回を見るには?

 

放送終了後、以下のサービスで無料配信されています。(最新話のみ)

最新話は以下からチェック

▼番組公式本はこちら

▼やましたひでこさんのおすすめ本はこちら

 

「ウチ、”断捨離”しました!」の別記事

 

「ウチ、”断捨離”しました!」について、別記事にも書いています。気になる方はチェックしてみてください。私生活に役立つポイントが満載です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました