いらない服を捨てるには?捨てられない服を手放す基準と綺麗を保つコツ

服を捨てよう!

こんにちは、まちゃりさです。

服を処分したいけど、どこから始めたらいいかわからないし、捨てる基準や捨てる基準も分からないという方は多いのではないでしょうか。

今回は、ついつい溜まってしまいがちな服を捨てるための考え方、捨てるためのルール、捨てた後の維持の仕方をお伝えします。

服を捨てて、クローゼットをスッキリさせましょう。

まずは服を一か所に集める

最初に持っている服をすべて、一か所に集めます。

今もっている服を把握することが目的です。

このとき、トップスはトップスで、ボトムスはボトムスに。カテゴリに仕分けしていきます。

また同じ色や形のものがないかもあわせて確認していきます。

服を捨てる基準に沿って服を整理

服を捨てる基準に沿って服を整理していきます。

基準①:欠陥のある服は捨てる
基準②:着ていない服は捨てる
基準③:もう着られないなら捨てる
基準④:一度も着ていない服は捨てる
基準⑤:似ている服は片方を捨てる
基準⑥:また買えるものは捨てる

順番に見ていきましょう。

基準①欠陥のある服は捨てる

気持ち的には一番捨てやすい方法です。

例えば汚れ。汗ジミがついてしまっていたり、食べこぼしの跡があったりするもの。

また穴が空いていたりするもの。糸がほつれているもの。襟元がよれているもの。

こういうものは、そのまま着続けても周りに不快感を与えかねません。処分候補としましょう。

また、見た目はまだきれいだしデザインも好きだけど着にくいものってありますよね。

例えば、袖がだらんとしていて気になる。着るまでに時間がかかるので普段あまり着られないもの。

いくら素敵なデザインでも、実際使わなければ意味がありません

基準②着ていない服は捨てる

クローゼットの奥の方に眠っている古い服はないでしょうか。

もう何年も前からあって、なかなか捨てられなかったもの。なかなか手放せないで今日までクローゼットに眠っていた服。

このような服は、機会がないと捨てられません。これを機に手放してしまいましょう。

基準③もう着られないなら捨てる

ワンシーズンきなかった服は、現在のあなたにとって不要ということです。

もう着られない服は手放しましょう。

いつか着られる?

痩せたら着られると思って、捨てずに取っておいた服はないでしょうか。

あるいは服の一部(リボンやボタンなど)がなくなった(使えなくなった)ために、捨てずに取っておいた服はないでしょうか。

「痩せたら着よう」それはいつ来るでしょうか?仮に1年後痩せたとしても、そのときには流行遅れのダサい服になっていないですか。また将来着られるようになっても、そのときにはあなたの服の趣味は変わっているかもしれません。

現在に目を向け、いま着られる服だけを取っておくようにしましょう。

基準④一度も着ていない服は捨てる

人からもらったけど趣味があわず一度も着ていない服やネットショッピングで買ったもののサイズがあわず、結局着ていない服はありませんか?あるいは店頭で買ったときは魅力的に感じたけど、持っている服と全然合わなかったために、結局着ていない服はありませんか?

その服を持っていても将来着ることはありません。

大事なのは「いま」なので、未確定な将来に目を向けず「いま」魅力に感じない服は処分します。捨てられない場合は、人に譲ったり、メルカリで売ってもよいでしょう。

基準⑤似ている服は片方を捨てる

ついつい同じ色の服や形の似ている服を買ってしまうこと、多いと思います。

似た服はどちらか片方を捨てるのが減らし方のコツです。

どっちを残すかで迷った場合は、きれいな方を残すか、より着ていると思われる方を残すといいです。より着ている回数が多い方がほかの服と合わせやすく自分の気に入っている服ということです。

基準⑥また買えるものは捨てる

捨てるかどうかで悩んだら、また買える値段やデザインの服は潔く捨ててしまいましょう。

また欲しくなった時に、買えばいいです。

自分が本当に着たい服かどうかがわかるためにも重要です。

捨てることに迷う場合

仕分けをしている中で、捨てることにどうしてもためらう場合も出てくると思います。

そんなときは、「保留BOX」を用意します。

捨てるかどうか迷う服は、一度「保留BOX」へ入れます。

入れて終わりではなく、期間を決め(例えば6か月や1年)、その期間「保留BOX」から出す必要のなかった服は、あなたにとって必要ない服ということです。潔く手放すことを選択しましょう。

逆にその期間に「保留BOX」から取り出す必要のあった服は、少なからず必要ということなので、様子を見つつ取っておくことがよいでしょう。

服を捨てることによるメリット

服の把握が容易に

モノが減ることで、持っている服の把握が容易になります。

ひょっとしたら、服を捨てる中で、「そういえばこんな服あったな」と思いだしたりすることもあったのではないでしょうか。

コーディネートが格段にやりやすくなる

服の量が多すぎると、選択肢が多い分、組み合わせが難しくなります。

レストランでも料理を注文するとき、メニューが多すぎると何を頼んでいいか迷うことあるのではないでしょうか。

服も同じです。量がたくさんあると、それだけ選ぶのに時間がかかります。

また収納の場所もその分使うことになります。無理に服を押し込んだりしたら、しわが付く原因になってアイロンをかけないといけなくなるかもしれません。

つまり、時間、スペース、無駄な作業を減らすためにも服を減らすことは重要です。

逆にいえば、服を減らすことで時間、スペースが増えて無駄な作業がなくなることにつながるのです。

服を減らした後は量をキープ

せっかく決断して服を減らしたのですから、服をこれ以上増やさない工夫を。

そして、今回把握した服を覚えておくこと。

服は買ってもいい、でも衝動買いは避けて

新しい服を買うことはもちろんOKです。

でも衝動買いはやめましょう。衝動買いは、タンスの肥やし(=着ない服)を増やすことにつながりかねません。

一度冷静になり、本当に「いま」欲しい服なのか?買うことで人生が豊かになるか?持っている服と似たような服でないか?買ったら別の服は捨てられるか?着やすいか?など考え、納得したうえで購入をしましょう。

一度踏みとどまると、実はそこまで必要でない服だったということも結構あるものです。

一番もったいないのは、1度や2度着ただけで着なくなってしまうことではないでしょうか?

持っている服を把握し続ける

せっかく持っている服を把握できました。

今後も、服を把握し続けましょう。

服を把握するためには ”見える化” が必要です。

立てる収納

服を立てて収納すると服が埋もれないのでどこに何の服があるか把握しやすいです。

積み重なっていて見えない服があると、また同じような服を買ってしまうことも。

そうならないために、積み重ねる収納でなく、立てる収納を!

ラベル収納

ラベルを貼り、何がどこにあるかを見える化することも有効です。

ピータッチキューブなどを使い、洋服のカテゴリごとにラベルを作成し、引き出しの中身を見える化して管理します。

ハンガー収納

我が家では、ハンガーの数を決めてそのハンガーにかかる服だけを持つようにしています。

ハンガーにかからない服が出てきたら、捨てるタイミング。

ハンガーにかけられるだけの服をハンガーにかけて見える収納をしています。

気分すっきり!

捨てることは大変な作業です。だから日頃からモノを増やしすぎないよう意識しておくことが重要です。

量が多すぎると感じたら、捨てることに取り組みましょう。

実際に捨ててみると、長年捨てたいなと思っていたけど捨てられなかった服をようやく捨てられたり、見た目もスッキリ片付くことで心身ともにスッキリすることができます。前向きな気分にもなれます。

思い立った時に、少しずつでもやってみましょう!

おわりに

いかがでしたか。

捨てるコツということで、日ごろ実践している「服の捨て方」の手順と服の捨て方の基準、捨てた後きれいを維持するコツをご紹介しました。

衣替えまでやらないのでなく、シーズン中に服を仕分けすることでコーディネートの幅も広がるし、いらない服を売る場合はシーズン後よりシーズン中の方が売れるでしょう。

これを機にぜひ、行動を起こしてみてくださいね!

コメント

  1. […]  いらない服を捨てるには?捨てられない服を手放す基準と綺麗を保つ方法 […]

タイトルとURLをコピーしました