すてる断捨離

断捨離の意味とは?断捨離の手順やメリットもあわせて解説!

この記事は約10分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

 

断捨離ってよく聞くけど、

何をすればよいのか、わからない

断捨離の手順や、得られるメリットを知りたい

 

このような疑問にお答えすべく、本記事では、

断捨離の意味、断捨離の手順やメリットについて、ご紹介します。

 

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

最初に、断捨離の意味をご紹介します。

 

実は、断捨離の本来の意味をはき違えて、

断捨離=モノを捨てる

このように考えている人が多いです。

 

しかし、断捨離の意味は「捨てる」ことではありません。 

ヨガの「断行・捨行・離行」

断捨離はヨガの「断行・捨行・離行」から生まれた言葉
断捨離はヨガの「行・行・行」から生まれた言葉

断捨離は、ヨガの「行・行・」から生まれた言葉です。

 

「捨てる」ことが目的でなく、

不要なモノを「減らす」ことで、生活を変え、心を変え、運気をあげる

意味があります。

モノへの執着を捨て不要なモノを減らすことにより、生活の質の向上・心の平穏・運気向上などを得ようとする考え方のこと。2009年刊行の『新・片づけ術「断捨離」』(やましたひでこ著、マガジンハウス)により提案された。

断捨離はヨガの「断行・捨行・離行」から生まれた言葉で、「断」は入ってくる要らないモノを断つこと、「捨」は家にあるガラクタを捨てること、「離」はモノへの執着から離れることを表す。

「コトバンク」より

断捨離の提唱者である「やましたひでこ」さんについては、以下の記事を参考にしてください。

>>参考【断捨離】やましたひでこさんってどんな人?断捨離との関係・考え方を学ぶには?

↑目次に戻る

断捨離がもたらす効果、メリットとは?
断捨離がもたらす効果、メリットとは?

ここからは、断捨離で得られるメリットや効果を、ご紹介します。

ぜひ実践に移していきましょう。

  1. 自分を見つめ直す機会になる
  2. ストレスが軽減する
  3. 時短になる
  4. 量より質を大切にする
  5. いつでも人を呼べる家になる

 

(1)自分を見つめ直す機会になる

自分を見つめ直す機会になる

断捨離では、持っているモノを

  • いるモノ
  • いらないモノ
  • 保留するモノ

これらに、仕分けしていきます。

 

1つずつのモノと向き合い、

“いまの自分に本当に必要か?”

を考えていきます。

自分の「価値観」や将来の「理想像」を考えるきっかけになります。

↑目次に戻る

(2)ストレスが軽減!

ストレスが軽減!

断捨離は、「空間を創造」します。

いらないモノに囲まれて生活していると、その分不要な情報が入ってきています。

 

断捨離で、自分が本当に必要なモノだけに囲まれることで、ストレスが軽減します。

さらに、お気に入りのモノに囲まれることで癒しの効果」が期待できます。

↑目次に戻る

(3)時短になる

時短になる

不要なモノがあるだけで、それを「片付ける」時間がかかります。

また、それを「探す」時間もかかります。

 

断捨離で、本当に必要な量にモノを絞ることで

「片付ける」時間と「探す」時間

この2つの時間を節約できます。

結果、時短につながるのです。

↑目次に戻る

(4)量より質を大切にする

量より質を大切にする

少ないよりは多いほうがいい

こうした考え方のままいると、結局は、

物や時間、場所などを無駄にしてしまう

ことに気付きます。

 

断捨離は、自分に合った物や量などを考える機会となります。

結果、

量よりも質を大切にする暮らし

ができるようになっていきます。 

↑目次に戻る

(5)いつでも人を呼べる家になる

いつでも人を呼べる家になる

モノが多いことのデメリットは、

  • 片付ける時間がかかる
  • 収納スペースに限りがある

結局、モノが収納スペースに収まりきらず、あふれてしまうことも多いです。

 

断捨離で「モノの量」を見直すことで、整理整頓された空間を作ることができます。

結果、いつでも人を呼べる空間を作ることができます。

片付けが苦手な人こそ、断捨離でモノを必要最低限の量に絞ることも需要です。

↑目次に戻る

実際に断捨離を行う際には、やみくもに目についたところから取り掛かるのはNGです。

必要な手順を踏み、着実に行うことが大切です。

 

ここでは、後悔しない断捨離を行うための4つの手順をご紹介します。 

  1. いる、いらない、保留するモノに分類
  2. いるモノは住所を決めて収納
  3. いらないモノは捨てる、売る、譲る
  4. 保留するモノは期限を決めて見直す

 

いる、いらない、保留するモノに分類

断捨離を始めましょう! 

まずは、持っているモノを、次の3つに分類するところからです。

  • いる
  • いらない
  • 保留する

 

断捨離はスピードが大事です。

いる・いらないモノの2つに分けようとすると、捨ててよいのかで迷うモノが出てきます。

悩むモノは、一度「保留する」としてOKです。

 

なお、保留するモノは「保留ボックス」などを用意し、とりあえず保管しておくのがおすすめです。

保留ボックスに入れたものは、後から期限を決めて見直すようにしましょう。 

↑目次に戻る

いるモノは住所を決めて収納

いるモノは住所を決めて収納

いると決めたモノは、モノが住む場所(=住所)を決めていきます。

この時のポイントは、

  • 生活の動線を意識し
  • 使うモノを使いやすい場所に配置する

ことです。

 

何がどこにあるかをわかりやすくするため、ラベリング収納もおススメです。

参考【ピータッチキューブ】でラベル収納!基本の使い方&5つの使用実例

↑目次に戻る

いらないモノは捨てる、売る、譲る

いらないモノは捨てる、売る、譲る

「いらないモノ」に分類したモノは、

  • 汚れている
  • 古い
  • 使えない

など、ほかの人にとって価値がないモノは「捨てる」ことを選択します。

 

一方、買ってはみたものの、

  • 好みではなかった本
  • サイズが合わなかった服

このようなモノは、

  • 周囲の人に譲る
  • 売却(リサイクルショップやフリマアプリなど)

こうした手段をとると、手放しやすいです。

 

手間はかかりますが、

モノを無駄にせず、お互いに利益を得られる

という点でおすすめの方法です。

↑目次に戻る

売るのに手間がかかる・・・ 

売るのに手間がかかるとお悩みの方は
売るのに手間がかかるとお悩みの方は

フリマアプリであれば、高値で取引ができるのでおすすめです。

とはいっても、

  • 出品したいけど忙しくて時間がない
  • フリマの使い方がわからない
  • 過去、フリマに出品してみたけどなかなか売れなかった

このような悩みがある方は、代行サービスに任せてしまうのも1つのやり方です。

↑目次に戻る

保留するモノは期限を決めて見直す

保留するモノは期限を決めて考える

保留するモノは、「保留ボックス」などの箱を用意して1カ所にまとめておきます。

そして、見直しの期限を決め、もう一度見直します。

 

見直しのやり方は、もう一度、次の3つに分類することです。

  • いる
  • いらない
  • 保留する

 

また、放置されないためのマイルールを決めるのも1つです。

例えば、このようなイメージです。

【マイルール】
保留ボックスから、1年間モノを取り出さなかった場合

今後も「使用しない」と判断し、「処分」する

生活スタイルに合ったマイルールを決め、保留ボックスを放置したままにしないよう注意します。

↑目次に戻る

まとめ:「断捨離」は、ヨガの言葉から!断捨離に楽しく取り組もう。

いかがでしたか?

今回は、断捨離の意味、断捨離の手順やメリットをご紹介しました。

本記事の要点

 断捨離は、ヨガの 「断行・捨行・離行」 から生まれた言葉
>>「断捨離の意味」に戻る

 断捨離により、多くの効果が期待できる
>>断捨離の「5つのメリット」に戻る

 断捨離の3つの手順
>>断捨離の「3つの手順」に戻る

 

最初のうちは、モノを判別するのが難しいと感じるかもしれません。

断捨離は、思考の「トレーニング」です。

何度も繰り返すうちに、自分の生活に「本当に必要なモノ」や自分が「本当に好きなモノ」がわかってきます。

 

そして、”断捨離”が楽しくなってきます

ぜひ、楽しんで断捨離をしてみてください。

 

それでは、今回はこの辺でおわります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おわり。

コメント

SNS

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました