すてる断捨離

【こんな時はNG】断捨離に向かない4つのタイミング・断捨離を進めるコツ4選

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

私の経験上、断捨離は進めやすいタイミングと進みにくいタイミングがあります。

断捨離したいけど、なかなか進まない。なぜ断捨離が進まないのか理由を知りたい。

こうした疑問にお答えしていきます。

本記事の内容

1.断捨離に不向きな4つのタイミング
2.断捨離しやすいタイミングって?
3.それでも断捨離を進めたい!断捨離をうまく進める4つのコツ

本記事では、断捨離に不向きなタイミングと断捨離をうまく進めるためのコツをご紹介します。

断捨離しやすいタイミングについては、断捨離に向いている4つのタイミングを参考にしてみてください。

そもそも断捨離の意味を知りたいという方は、断捨離の本来の意味って?断捨離の手順やメリットを解説!をご覧下さい。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

断捨離に不向きな4つのタイミング

私が考える「断捨離に不向きなタイミング」とは、

・断捨離のやる気や集中力が持続しにくいタイミング

・断捨離の効果が得られにくいタイミング

こういったタイミングです。

これを踏まえ、断捨離に向いていないと思うタイミングは、次の4つです。

断捨離に向いていないタイミング

(1)心に余裕がない
(2)冷暖房が必要な時期
(3)ゴミ出しがすぐにできない
(4)モノを買おうとしている

順番に、説明していきます。

(1)心に余裕がない

1つ目は、「忙しくバタバタしていて心に余裕がない」ときです。

こういうときは、断捨離という行為自体がただ苦痛になることがあります。

心に余裕がない状態で、焦って断捨離をすればどうなるか?

必要・不要の判断がうまくできずに、後からモノを手放したことを後悔しやすいです。

心に余裕がないときは、いったん立ち止まり、今本当に断捨離を行うべきか?を考えるのがおすすめです。

断捨離の本来の目的は、モノを捨てることではないからです。

(2)冷暖房が必要な時期

2つ目の不向きなタイミングは、「冷暖房が必要な時期」です。

暑かったり、寒かったりすると、集中力が低下して断捨離が進みません。

私は戸建て住宅に住んでいますが、特に冬は寒いです。

暖房をつけても部屋がなかなか温まらないので、そもそもリビングにずっとこもりがち

ついつい断捨離を後回しにしてしまうことが多いです。

また、つい休憩を長くとりすぎて、結局終わらないことも。

いざ気合を入れて挑戦しても、暑さや寒さのせいで集中力が続かず、判断が鈍りやすいのであまりおすすめしません。

(3)ゴミ出しがすぐにできない

3つ目の不向きなタイミングは、「ゴミ出しがすぐにできない」タイミングです。

断捨離を進めていくと、往々にして、たくさんのモノを手放すことになります。

でも、その大量のモノを外に出すことができない場合、どうなるか?

せっかく断捨離で手放すと決めたモノを、家の中に置いておかなくてはなりません。

つまり、断捨離の醍醐味の1つである「スッキリ感」を味わいづらいのです。

なので、断捨離するときは、ゴミ回収日の前など、なるべくゴミ出しがすぐにできるタイミングがおすすめです。

(4)モノを買おうとしている

4つ目の不向きなタイミングは、「モノを買おうとしている」タイミングです。

断捨離でモノの量を減らしても、すぐにモノの量が増えてしまいます。

これも、断捨離の効果「スッキリ感」を味わいづらく、あまりおすすめしないタイミングです。

断捨離しやすいタイミングって?

では、断捨離しやすいタイミングって、いつなのでしょうか?

断捨離がうまくいったタイミングを4つご紹介します。

断捨離しやすい4つのタイミング

(1)引っ越し前
(2)大掃除
(3)年の初め
(4)4月ごろ

モノや人が移動する引っ越し前や4月頃は、モノを手放す判断がしやすいのでおすすめです。

また、新たな気持ちで決意できる年始や、大掃除の時期は行動力が増すので、断捨離に向いているタイミングといえます。

それでも断捨離を進めたい!断捨離をうまく進める4つのコツ

断捨離に不向きな4つのタイミングと向いているタイミングをご紹介しました。

そんなこと言っても、忙しい。タイミングなんて選んでいられない!

もちろんその通りです。

ここからは、断捨離のタイミングにかかわらず、断捨離をうまく進めるコツをご紹介します。

断捨離をうまく進める4つのコツ

(1)なるべくリラックス
(2)快適な空間で
(3)処分に迷ったら「保留」
(4)モノを買う前に踏みとどまる

(1)なるべくリラックス

1つ目のコツは、「なるべくリラックス」して行うことです。

断捨離に不向きなタイミングの1つ目に「心に余裕がない」をご紹介しました。

なるべくリラックスして慌てずに、断捨離を進めていきます。

私のおすすめは、好きな香りを嗅ぎながら断捨離することです。

他にも、好きな音楽をかけながらやるのもおすすめです。

自分が一番気分よい状態でリラックスして断捨離を行うのがおすすめです。

(2)快適な空間で

2つ目のコツは、「快適な空間で」行うことです。

断捨離に不向きなタイミングの2つ目に「冷暖房が必要な時期」をご紹介しました。

暑すぎる場所や寒すぎる場所で行う断捨離は、集中力と判断力を鈍らせます。

こうしたタイミングで断捨離するときは、まずは家の中で一番快適な空間にモノを集めます

モノを集めるのに、多少労力がかかりますが、これがおすすめです。

運び出すモノが多いほど、逆に

こんなにモノを持っていたのか!

と、モノの多さを実感できます。

モノの量を振り返る機会となり、断捨離でモノを手放す決断がしやすくなります。

あわせて、自分にとって快適な空間なので、集中して断捨離に取り組むことができます。

(3)処分に迷ったら一度「保留」

3つ目のコツは、処分に迷ったら一度「保留」することです。

断捨離に不向きなタイミングでは、判断力が鈍っている可能性があります。

そんな時は、焦って無理に断捨離を進めずに一度立ち止まります。

判断に迷う場合は、一度「保留」にしてもよいです。

あまり時間をかけすぎずにモノを「①今使っている」「②まったく使っていない、使う予定がない」「③保留」、この3つに仕分けしていきます。

一旦「③保留」としたモノも、後から確認してみると

やっぱりいらなかった

と、手放すことを決断できたりします。

(4)モノを買う前に踏みとどまる

4つ目のコツは、「モノを買う前に踏みとどまる」ことです。

買い物の習慣自体を振り返れば、モノの量をセーブできます。

結果、モノの量が減るので、断捨離が楽になります。

買い物するときは、そのモノは「今」家に入れる必要があるか?

これを常に自分自身に確認する習慣をつけます。

モノによっては、「今すぐ」には必要でない場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、断捨離に不向きなタイミングと、それでも断捨離を進めたい場合の4つのコツをご紹介しました。

断捨離に向いていないタイミングは、次の4つでした。

断捨離に向いていないタイミング

(1)心に余裕がない
(2)冷暖房が必要な時期
(3)ゴミ出しがすぐにできない
(4)モノを買おうとしている

こうしたタイミングで断捨離を進めたいときは、次の4つのポイントで断捨離を行うのがおすすめです。

断捨離をうまく進める4つのコツ

(1)なるべくリラックス
(2)快適な空間で
(3)処分に迷ったら「保留」
(4)モノを買う前に踏みとどまる

本来、断捨離は、楽しく気持ちよくするために行うものです。

自分にとって無理のない範囲で、少しずつ断捨離を進めていくのが大切です。

それでは、今回はこの辺で終わります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おわり。

コメント

SNS

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました