すてる断捨離

【感想】ウチ、断捨離しました!|夫が急死!“引きこもり妻”の一大決心#85回

この記事は約6分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

今回は、BS朝日「ウチ、”断捨離”しました!」2021年9月13日放送回(第85回)の内容をもとに、断捨離への活用ポイントについて解説します。

今回は、夫の急死で時間が止まった家の断捨離物語です。

 

今回の放送回のポイントを、3点でまとめました。

  1. 夫に先立たれ、時間が止まったままの家
  2. 空気が重かった空間
  3. 遺品との向き合い方は?

過去放送回の内容、感想は以下の記事でまとめています。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

「ウチ、”断捨離”しました!」とは?

「ウチ、”断捨離”しました!」は、毎週月曜日の夜8時からBS朝日で放送中の番組です。

ウチ、“断捨離”しました! | BS朝日
BS朝日「ウチ、“断捨離”しました!」の番組サイト。

断捨離提唱者の「やましたひでこ」さんが、片づけられない!捨てられない!家族の元を訪れ、一緒に断捨離を行っていきます。


モノと向き合い、「今の自分にとって大事なことは何か」と向き合うことで家族に密着するドキュメンタリー番組です。

 

前に進んでいける人になりたい

今回の出演者は、千葉県の一軒家に暮らす、ひろみさん(51)です。

半年前、ある日突然に単身赴任中の夫(克茂さん)がくも膜下出血で亡くなりました。

これから夫婦での第二の人生をと考えていた矢先のことでした。

 

それから半年間。

現実を受け入れることができず、家に引きこもる日々。

食事を作るのも億劫で、賞味期限の長いパンをネットで購入し、食事を済ませていました。

 

しかし、このままではいけないと断捨離を決意。

息子と2人で、4LDKの家の断捨離に挑戦します。 

さて、今回はどのような断捨離になるのでしょうか?

まちゃりさ
まちゃりさ

亡くなった克茂さんは、私の父と同い年でした。とても他人事とは思えず、涙なしでは見られない回でした。

活用ポイント3選

断捨離への活用ポイントを3点にまとめます。

断捨離に活用できるポイント
  • まず健康な生活を
  • ずっと重かった空気
  • 遺品との向き合い方

順番に解説していきます。 

ポイント①まず健康な生活を

やましたさんが訪問します。

ひろみさんの気持ちに寄り添いながら、断捨離への思いを確認していきます。

 

ひろみさんが、まともに食事すらとれていない状態であることを知り、

まずは、「ご飯を作ろうと思える場所を作ること

これを目標に、「キッチン」の断捨離から取り組むことにします。

 

最初に取り掛かったのは、キッチンの窓の前にある収納ラックを外すことです。

窓を覆っていたモノを取り除くことで、キッチンの窓を開けられるようにしました。

キッチンには、光と風が入るようになりました。

まちゃりさ
まちゃりさ

これだけでも、かなり印象が変わりました。

 

ひろみさんは、モノに未練がないようです。

夫の死をきっかけに、モノをあれもこれもとっておくことは、何の意味も持たないことを知ります。

次々に断捨離を進め、あっという間にキッチンがスッキリとした空間に蘇りました。

まちゃりさ
まちゃりさ

ひろみさんは、夫の死をきっかけに、本当に大切なモノ・必要なモノだけに囲まれて生きる生活を選びました。

ポイント②ずっと重かった空気

やましたさんが訪問したときにも、空気が重いと言われた部屋。

実は、息子もこれまで口に出しませんでしたが、同じように思っていたそうです。

空気が軽くなったよね

 

夫の突然の死から、止まったままの時間。

人の気持ちは、空間に現れます。

そして、モノで圧迫された空間は、さらに人の気力を奪っていきます。

 

断捨離を進める中、光と空気の循環を取り戻した空間。

そして、モノを取り除いたことで、広くなった空間。

断捨離の行動自体が、ひろみさんを回復へと導いていきました。

 

ポイント③遺品との向き合い方

1ヶ月の断捨離を終え、やましたさんが再び訪問します。

 

しかし、ひろみさん。

夫の遺品だけは、どうしても手をつけられず、押し入れに押し込んだままでした。

やましたさんは、最後に遺品の整理を手伝うことにします。

やましたさん
やましたさん

捨てるってことを一切除外して、3つに分けていけばいい

遺品整理のポイント
  • 「大切なモノ」「日用品」「判断がつかないモノ」3つに分類

 

段ボールに山積みにされていたままの遺品。

全て取り出し、1つずつ中身を確認していくと、「大切なモノ」はそう多くないことに気が付きました

「これほど取っておく必要がない」

これに気付いたひろみさん。

普段着として使用していた服は、処分することに決めました。

 

そして、夫といつでも会話できる部屋を作ることに。

「大切なモノ」として残しておくモノは、お店のディスプレイのように丁寧に飾りました。

まちゃりさ
まちゃりさ

大切なモノは、無理に捨てる必要はない。過去の放送回でも、たびたび学んだポイントでした。

遺品との向き合い方(過去の放送回)

まとめ

いかがでしたか?

今回は、夫の急死で時間が止まった家の断捨離物語でした。

夫の遺品に涙があふれつつも、モノを通して現実と必死に向き合っていく姿が印象的でした。

 

今回のポイントは、次の3つでした。

断捨離に活用できるポイント
  • まず健康な生活を
  • ずっと重かった空気
  • 遺品との向き合い方

1つ目は、まずは健康面に目を向け、キッチンの断捨離から着手したこと。

2つ目は、空間1つで気持ちは変化するということ。

3つ目は、遺品との向き合い方のポイント(捨てずに、3つに仕分けること)。

この3つでした。

 

最後にやましたさんは、こう締めくくります。

やましたさん
やましたさん

断捨離とは回復力。そして、立て直し

大切な思いの証拠品であるモノ」と、「生活の残骸のモノ」が混在していた空間。

モノに埋もれていったら萎えていく。

しかし、自分を埋もれさせている原因のモノ(=物理的な原因)を取り除いていく、行動自体が回復につながります

取り除いた結果としての環境は、自分を圧迫しなくなる。

そして、環境自体も回復の手助けとなる。

まちゃりさ
まちゃりさ

自身を回復させ、立て直すための断捨離。断捨離とは、単なる片付けでなく、生きる糧になることを学びました。

断捨離のやり方を知りたい!

それでは、来週もお楽しみに!

おわり。

↓ ↓ ↓

「ウチ、”断捨離”しました!」見逃し回を見るには?

放送終了後、以下のサービスで無料配信されています。(最新話のみ)

最新話は以下からチェック

▼番組公式本はこちら

コメント

SNS

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました