すてる 断捨離

【感想】ウチ、断捨離しました!|壮絶!執着にとらわれる母 救いたい…娘たちの激闘(後編)

この記事は約8分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

今回は、BS朝日「ウチ、”断捨離”しました!」2021年3月8日放送回(第63回)をもとに、印象に残ったシーンと断捨離への活用ポイントについて解説します。

今回の記事は、後編の内容と感想になります。前編は下からどうぞ。

本記事の内容

1.溜め込み母の一大決心!
2.印象に残ったシーン3選
3.活用ポイント3選

この記事を書いている私は、ミニマリスト初心者です。

断捨離のやり方を学ぶため、毎週「ウチ、”断捨離”しました!」を観て勉強しています。

忙しくて観る時間がない方や、断捨離のコツやポイントについて知りたい方のために、
放送回ごとのポイントをご紹介
します。

今回の放送回を、3点でまとめました。

放送回のダイジェスト
  • 執着心がある母の胸の内とは?
  • 気持ちを開示して進む断捨離
  • 自分を繕うことの大切さ

気になる方は、以下からチェックしてみてください↓

それでは、どうぞ!

「ウチ、”断捨離”しました!」とは?

「ウチ、”断捨離”しました!」は、毎週月曜日の夜8時からBS朝日で放送中の番組です。

ウチ、“断捨離”しました! | BS朝日
BS朝日「ウチ、“断捨離”しました!」の番組サイト。

断捨離提唱者の「やましたひでこ」さんが、片づけられない!捨てられない!家族の元を訪れ、一緒に断捨離を行っていきます。
モノと向き合い、「今の自分にとって大事なことは何か」と向き合うことで家族に密着するドキュメンタリー番組です。

溜め込み母の一大決心!

前編を観ていない方のために、少し振り返りをしておきます。

今回の断捨離の挑戦者は、千葉県浦安市に住むともこさん、73歳。

モノへの執着心が半端ないといいますが、病気をきっかけに自ら断捨離を決意しました。

断捨離は、長女のまゆみさん、次女のめぐみさん、次男のてつやさんも協力して進めます。

しかし、自分でも認めるほどに人一倍モノへの執着心が強いともこさん。

前編では、断捨離を進める中で迷いが生じ、捨てたモノを家に戻すこともありました。

これに対し、娘のイライラが爆発。

断捨離のゴールがわからなくなってしまう場面で終わりました。

果たして、最後まで断捨離を進められるのでしょうか?

今回は本当に勉強になりました。

印象に残ったシーン3選

今回の放送回で、印象に残ったシーンを3つご紹介します。

印象に残ったシーン

1.自信がなかった母
2.心境と言動の変化
3.劣等感の象徴だった「ミキサー」

自信がなかった母

その後も断捨離を続けていく娘2人。

捨てられない母に対し、作戦を変更します。

その作戦とは、無理に捨てさせるのでなく、屋根裏部屋を一度片付けた後で、母が保留にしたモノを置いておけるようにすることでした。

そんな娘たちをねぎらおうと、母は昼食を作ります。

3人で食卓を囲む中、めぐみさんは、ふと母にこんな質問をします。

めぐみさん
めぐみさん

私は汚い家に住んでるのがすごいストレスに感じるんだけど、お母さんは何も感じないの?

言葉に詰まる母。

そして母から本音が出ます。

ともこさん
ともこさん

自信がないから、気に入ったモノに囲まれると1つの表現みたいな感じになる

さらに、その後、番組スタッフが「自信がない」について深堀します。

これに対し、ともこさんは、生きることそのものに根本的に自信がないと、打ち明けます。

心境と言動の変化

この「自信がない」心の内を打ち明けてから、ともこさんの言動が目に見えて変化していきます。

断捨離を黙々とやってくれる娘に対し、

ともこさん
ともこさん

娘の方がちゃんとしている

こんな謙虚な言葉も飛び出します。

そしてあれほど嫌がっていた断捨離も、一緒に協力してやるようになります。

頑なに手放すことを拒否していた家具も、あっさり二つ返事で「捨てていい」と言い出すまでに。

娘のめぐみさんは、母の告白を通し、母の心の奥が分かり、接し方や見方が変わったと言います。

家族とはいえ、実は心の奥まではわからないものです。

母が気持ちを打ち明けたことで、家族も悩みに寄り添うことができました。

劣等感の象徴だった「ミキサー」

前編の時、断捨離をめぐって登場した外国製の高級ミキサー。

刃も錆びれていて明らかに使っていないと思い、娘が一度捨てたもの。ともこさんは使っていると言って、取り返してきていました。

しかし、娘が母のために新しいミキサーを購入してきたことをきっかけに、ついに手放すことを決心します。

ともこさん
ともこさん

ありがとうって感じ

自身の劣等感を癒す象徴だったミキサーと決別できたシーン。ここまで人って変われるのかと鳥肌ものでした。

活用ポイント3選

ここからは、断捨離への活用ポイントをまとめます。

断捨離に活用できるポイント
  • モノに執着する人の心の内
  • 打ち明ければ変わる
  • 自分をケアしていない状態が空間に反映

モノに執着する人の心の内

さて1つ目の断捨離のポイントは、「モノに執着する人の心の内」です。

モノに異様な執着をしているともこさんを通し、なぜモノにこれほど執着してしまうのかを知ることができました。

それは、一言でいえば、自信がないことからでした。

モノを集めてしまうのは、1種の自己表現。

自信がない、劣等感がある自分を埋めるため、気に入ったものをひたすら集めてしまう。

モノで自分を作ろうと必死でした。

しかし、こうして集めたモノは、普段の生活で本当に使うものではありませんでした。

長年手入れされてなかったミキサーがその代表例です。

打ち明ければ変わる

2つ目のポイントは「打ち明けることで変わる」です。

ともこさんが、自身がないという本音を打ち明けたことで、断捨離が一気に解決の方向へ向かいました。

娘も理解し、より添えるように。

母も自身の気持ちに気付き、物との向き合い方が変化していきました。

家族だって、本音でぶつからないとわからないのは普通。

断捨離が進まない原因は、心の奥底の気持ちにまだ気付けていないからかもしれません。

自分をケアしていない状態が空間に反映

3つ目は「自分をケアしていない状態が空間に反映」です。

やましたさんが1ヵ月ぶりに再び訪れます。

そこで、ともこさんに対し、手入れしていないことが気になると言います。

やましたさん
やましたさん

何が1番手入れしてこなかった?

ともこさん
ともこさん

自分自身です

やましたさん
やましたさん

そう。身繕いが足りない。自分のことをケアしていない状態が空間に現れている

そこで、まずは髪の毛を整えるため、なんと50年ぶりに美容院に行くことに。

美容院から戻ってきたお母さんには、はじけるような笑顔が見られました。

これには感動して泣いてしまいました。

断捨離は、単なる「片付け」でなく、自分の気持ちと向き合っていく事だと改めて感じました。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、モノへの執着心が強い「ともこさん」の断捨離(後編)でした。

ともこさんの長年の溜め込みグセ、なかなかしぶとかったですね。

でも、最後には、モノを溜め込む原因がわかり、一気に解決の方向へと舵を切りました。

これほど、モノを溜め込む人が変われるなんて、想像していなかったので驚きました。

気持ちの持ち方1つで、変われます。

自信がないことの象徴だったモノは、どんどんたまっていく。

溜まった物に囲まれる生活で、さらに自信がなくなっていく。

ともこさんはこんな負の連鎖に支配されていました。

自分のケアなんて正直関係ないと思っていましたが、空間にこれほど大きな影響を持つことがわかり、驚きました。

空間をきれいに維持するため、自分をケアしていきたいものです。

それでは、今回はこの辺で終わります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。来週もお楽しみに!

おわり。

↓ ↓ ↓

「ウチ、”断捨離”しました!」見逃し回を見るには?

放送終了後、以下のサービスで無料配信されています。(最新話のみ)

最新話は以下からチェック

▼番組公式本はこちら

▼やましたひでこさんのおすすめ本はこちら

「ウチ、”断捨離”しました!」の別記事

「ウチ、”断捨離”しました!」について、別記事にも書いています。気になる方はチェックしてみてください。私生活に役立つポイントが満載です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました