すてる断捨離

【感想】ウチ、断捨離しました!|優しくなりたい! たっちゃんともちゃん モーレツ大改造#82回

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

今回は、BS朝日「ウチ、”断捨離”しました!」2021年8月23日放送回(第82回)の内容をもとに、断捨離への活用ポイントについて解説します。

今回は、穏やかに過ごせる部屋を目指す夫婦の断捨離物語です。

 

今回の放送回のポイントを、3点でまとめました。

  1. 優しい人になりたいと願う妻
  2. ぶつかっても協力するのが大切
  3. 1人で自分を振り返り、考えるための空間が必要

過去放送回の内容、感想は以下の記事でまとめています。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

「ウチ、”断捨離”しました!」とは?

 

「ウチ、”断捨離”しました!」は、毎週月曜日の夜8時からBS朝日で放送中の番組です。

ウチ、“断捨離”しました! | BS朝日
BS朝日「ウチ、“断捨離”しました!」の番組サイト。

断捨離提唱者の「やましたひでこ」さんが、片づけられない!捨てられない!家族の元を訪れ、一緒に断捨離を行っていきます。


モノと向き合い、「今の自分にとって大事なことは何か」と向き合うことで家族に密着するドキュメンタリー番組です。

 

優しい人になりたい

 

今回の出演者は、東京都八王子市にお住まいの、朋子さん(69)です。

夫のたつとりさん(69)とともに、4LDKの戸建て住宅で生活しています。

 

39歳から30年、生活をともにしてきた2人。

それぞれ、「たっちゃん」「ともちゃん」と呼び合う仲です。

 

しかし、ともこさん。

つい、イライラしては、優しい夫・たっちゃんに当たってしまうと言います。

 

断捨離で、夫婦で「穏やかに過ごせる部屋」を目指すとともに、たっちゃんに対し「優しい人」になりたいと決意します。 

さて、今回はどのような断捨離になるのでしょうか?

 

活用ポイント3選

 

断捨離への活用ポイントを3点にまとめます。

断捨離に活用できるポイント
  • まずは空間をよみがえらせること
  • バトル勃発
  • 新しい生活スタート

順番に解説していきます。

 

ポイント①まずは空間をよみがえらせること

やましたさんが訪問し、足の踏み場がない部屋を一通り確認します。

そして、断捨離前に朋子さんの気持ちを確認します。 

やましたさん
やましたさん

朋子さんが片付けをどうとらえているかなんだよね

朋子さん
朋子さん

片付けはしまう感じがある

片付けに対しては「しまう」イメージを持っているようです。

反面、「しまう」だけでは、モノが収まりきらないことは理解していると言います。

 

そして、やましたさん。断捨離の突破口となる空間を探ります。

やましたさん
やましたさん

どの空間が良くなると気持ちよく感じる?

 朋子さん
朋子さん

自分が一人で過ごせる部屋

そうすると 私は倉庫です

自分の時間大事にしたい

やましたさん
やましたさん

今はとにかく突破口を作る

空間がよみがえったら また視点が変わってくるから

 

朋子さんにとって、一番に取り掛かるべき空間は、「倉庫」であるとわかりました。

今回の断捨離では、まずモノで溢れた「倉庫」から取り掛かることにします。

 

「自分自身に健康的な空間を与えること」

これを目的として、断捨離を開始します。

まちゃりさ
まちゃりさ

最初に取り掛かったのは、大量のモノで溢れた「倉庫」です。ここを突破口として、部屋全体の断捨離を進めていく狙いです。

  

ポイント②バトル勃発

やましたさんと「倉庫」の断捨離を進めた後も、黙々と断捨離に取り組む朋子さん。

倉庫の真ん中の棚を外して、広々としたスペースを確保することを第1目標としました。

しかし、朋子さん。

断捨離を進める中で、つい懐かしさに浸ってしまいます。

なかなか、いいペースで断捨離を進めることができません。

 

一方の夫のたつひこさん。長年抱えていた思いがありました。

中古住宅で購入した家を、ずっとリフォームしたいと思っていたのです。

しかし、結婚生活でモノはどんどん増えていく一方

今回、ようやくそのチャンスがきた」と意気込んでいました。

 

倉庫の断捨離を1人進める、朋子さん。

たつひこさんは、「自分も断捨離をサポートしよう」と、勝手にキッチンの断捨離を進めます。

明らかに使っていないモノを選別しては、どんどんゴミ袋に入れていきます。

 

しかし、これに気付いた朋子さん。つい、たつひこさんに当たってしまいます。

朋子さん
朋子さん

捨てないで!何でもかんでも

たつひこさん
たつひこさん

何でもかんでも捨ててない

朋子さん
朋子さん

私見るからやめてください!

たつひこさん
たつひこさん

全然 使ってないでしょ!15年

自分でやらないと気が済まない性格の朋子さん。

たつひこさんの行動に対し、つい怒りをぶつけてしまいます。

 

しかし、ここで引き下がらない、たつひこさん。

2階の倉庫部屋に行き、まだモノが多く残っている真ん中の棚を、先に外してしまいます。

まちゃりさ
まちゃりさ

ついに、真ん中の棚を外してしまいました!たつひこさん、強行突破です!!

 

しかし、この勝手な行動に対し、朋子さんは怒りませんでした。

内心では、断捨離のペースが遅いことを悪いと感じていたようです。

まちゃりさ
まちゃりさ

気持ちとは裏腹に、つい当たってしまうことありますね。

空間を生まれ変わらせるために、協力していくこと、とても大切です。

 

ポイント③新しい生活スタート

後日、朋子さんのたつひこさんへの思いがわかります。

自分のキツイ性格を知っている。

だからこそ、互いに1人で過ごせる部屋を作ることで、お互いがラクに過ごせると考えていました。

 

1か月後。やましたさんが来るまでに、倉庫の断捨離を終えることはできませんでした。

しかし、朋子さんの理想の部屋へのビジョンはできたようです。

 

また、夫婦でぶつかり合った、キッチン。

たつひこさんのリフォームは進み、最後には新しい「システムキッチン」を迎え入れることができました。

まちゃりさ
まちゃりさ

2人の幸せそうな笑顔が印象的でした。これから新しい空間で、2人の新しい生活が始まります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、穏やかに過ごせる部屋を目指す夫婦の断捨離物語でした。

夫婦でぶつかるシーンもありましたが、新しい生活を作っていこうとするシーンが印象的でした。

 

今回のポイントは、次の3つでした。

断捨離に活用できるポイント
  • まずは空間をよみがえらせること
  • バトル勃発
  • 新しい生活スタート

1つ目は、まず、断捨離の突破口として、よどんだ空間をよみがえらせること。

2つ目は、夫婦でぶつかり合ったシーンのこと。

3つ目は、新しい空間で、新しい生活が始まったこと。

この3つでした。

 

最後にやましたさんは、こう締めくくります。

やましたさん
やましたさん

お互いが一人で自分のことを振り返り、これからを考えていく空間が必要

69歳。この歳になれば、自分自身の人生を考えるようになるといいます。

いわば、自分を「取り戻す」時期に入る。

そのためには、夫婦でべったりとくっつくよりも、1人で自分を振り返り、考えるための空間が必要になる。

今回は、そんな空間作りのための断捨離だったと振り返ります。

まちゃりさ
まちゃりさ

互いのためのそれぞれの空間ができれば、いがみ合ったり、ぶつかったりすることもなくなると言います。

「夫婦でぶつかってしまう」年配のご夫婦は、お互いの空間が確保できているかを一度、振り返ってみるといいかもしれません。

  

それでは、来週もお楽しみに!

おわり。

↓ ↓ ↓

「ウチ、”断捨離”しました!」見逃し回を見るには?

放送終了後、以下のサービスで無料配信されています。(最新話のみ)

最新話は以下からチェック

▼番組公式本はこちら

コメント

SNS

最近の投稿

タイトルとURLをコピーしました