きれいな部屋を維持する片付けの4ステップ

こんにちは、まちゃりさです。

突然ですが、片付けはお好きですか?

わたしは、正直”苦手”です。

できることなら、面倒だしやりたくない。

でも、散らかった部屋はもっと嫌なので、仕方なく片付けています。

今回は、片付けは面倒だけど、なるべく簡単に綺麗な部屋を維持したい!というあなたに、

普段、わたしが行っている、片付けの4つのステップをご紹介します。

まずは片付けるべきモノを把握!

すべて書き出して把握せよ

最初にノートやメモ帳、裏紙でもなんでもよいので紙を用意します。

そして、片付けたいものをすべて書き出します。

たとえば、こんな感じ。

・水道料金のお知らせ 2月分
・イヤホン
・家電(PC)の保証書
・レシート

ここでポイントなのは、なるべく具体的に書くことです。

なるべく具体的に書く

たとえば、こんな書き方はNGです。

・紙
・電化製品
・保証書

何のことなのかわからず片付けをするときにまた考えることに。書き出すときにジャンル、分類わけをしっかり行います

すべて書き出したら、片付けの第1ステップはOKです。

片付け場所を決めよう

モノの移動場所を仕分ける

次に、片付け場所(モノの住所)を決めていきます。

片付け場所が決まっていない場合は、新しく設定してあげます。

取っておく必要のないものは「捨てる」とします。

我が家では、こんな感じに仕分けしました。

水道料金のお知らせ 2月分         領収書ファイル(水道)・2階A-1 ファイルボックス
イヤホン1階 TV左下 オーディオボックス内
家電(PC)の保証書(仮)TV左下 クリアファイル
レシート捨てる

ここでも、なるべく具体的な場所を書いていくのがポイントです。

なるべく具体的に片付け先(住所)を書く

住所を決めるときのポイントは、以下の通り。

関連するものはなるべく近くにまとめておくこと
→お店の配置を意識しましょう。文房具なら文房具で、キッチン用品はキッチン関連商品でまとめるなど、カテゴリ別に住所を設定します。

動線を意識した場所に配置すること
→自分が普段どんなときに使用するかをイメージ。自分にとって一番使いやすい場所が適した場所です。例えば、家電の保証書を普段からよく使うというなら、その家電の近くに設定しましょう。

片付ける場所にモノを運ぶ

片付け場所を決めたら、モノを実際に運びます。

時間がないときは、ここまででとりあえずOK!

時間ができたときに、モノを収納すればOKです。

モノを収納する場所までもっていっておけば、あとは収納するだけなのであまりストレスなく片付けができちゃいます。 ←おすすめです

先程、片付けられる場所が浮かばなかった、

もしくは場所の余裕がなかった場合は、「とりあえず収納BOX」を用意しとりあえずそこにINします。

・時間がないときは、片付ける場所の近くまで持っていけばOK
・片付け場所がないときは、とりあえずBOXを用意しとりあえずIN

モノをしまう

決めた場所にモノをしまいます。

どこにしまったかわからなくなるのを防ぐのに、ラベリングすることをおすすめします。

我が家では、ピータッチキューブを使ってラベリングしています。

こうしておけば、自分だけでなく一緒に暮らす家族も

どこに何がしまってあるか、わかりやすいですよね。

おわりに

いかがでしたか?
モノを片付けるのは面倒ですが、少しずつモノの住所を決め
チョコチョコしまっていくことで、
無理なく片付けの習慣が身につくと思います。

また、いっぺんに片付けようとせず、「とりあえずBOX」などを利用して、
時間のないときでも続ける仕組みが大事です。

さあ、あなたも思い立った”いま”
さっそく片付けを始めましょう!そしてすっきりした素敵な暮らしを目指してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました