せいかつブログ

【WordPress】パーマリンク(URL)が日本語で表示されてしまう場合の修正方法

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

ブログ記事のURL(パーマリンク)!普段からきちんと意識して設定していますか?

私はブログ開設当初、これをきちんと設定しておらず、後から大幅に修正が必要になりました。(かなり大変な思いをしました・・)

もし、現在設定されていない場合は、私のようにならないよう、今から設定しておくことをおすすめします。  

 

今回は、パーマリンク(URL)が日本語で表示される場合の修正のやり方について解説していきます。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

パーマリンク(URL)とスラッグについて

ブログ記事を書くとき、スラッグを設定していますか?

最初に、パーマリンク(URL)とスラッグの違いについて簡単に。

スラッグは、このようにURLの一部を指します。

パーマリンク(URL)とスラッグの違い

記事投稿時にスラッグを指定しない場合、URLが日本語で表示されることがあります。

私は、このスラッグを意識しておらず、後から全記事のスラッグを修正することになりました。

 

スラッグは半角英数で設定する方がいい!理由4つ

URL(パーマリンク)は、すべて半角英数であることが一般的とされています。

URLの一部である「スラッグ」は、半角英数に設定した方がメリットが多いです。

その理由は、次のとおりです。

  • ユーザが何のページかを把握しやすい
  • SNSでシェアできない
  • 文字数が多くなりすぎる
  • 分析しやすい

順番に解説していきます。

 

ユーザが何のページかを把握しやすい

①スラッグが半角英数の場合

https://macharisa.com/cocoon_breadcrumb-trail-setting/

②スラッグが日本語の場合

https://macharisa.com/コクーンのパンくずリストの設定/

日本人からしてみれば、②の方がどのような記事なのかが直感的に分かりやすいです。

しかし②のURLの本当の姿は、これです↓

『https://macharisa.com/%e3%82%b3%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%b3%e3%81%8f%e3%81%9a%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%ae%e8%a8%ad%e5%ae%9a/

後ろによく分からない長い%、英数字がたくさん付いていますが、これは日本語が自動的に半角英単語に変換されたものです。

これだと、何のページなのかがさっぱり分かりませんよね。

 

SNSでシェアできない

GooglechromeやFirefoxなどのブラウザで見る時はURLの日本語はそのまま表示されます。

しかし、例えばTwitterにリンクを貼った場合などは、日本語の前の文字までをURLと認識します。

つまり、日本語の部分はURLと認識されません

TwitterにURLを貼り付けた場合

結果、トップページのリンクが表示され、Twitterカードもトップのものとなります。

他サイトのURLも日本語のスラッグを利用している場合、リンクを貼ろうとするとこの様な現象が起きてしまいます。

 

文字数が多くなりすぎる

日本語URLを英数字に変換するとURLの文字数が何倍にも多くなってしまいます。

変換された長すぎるURLで拡散をすると、整備されていない何となく怪しいイメージを持たれてしまいがちです。

URLからどのようなページへのリンクか分からないことでイメージにも影響します。

記事の中で「ブログカード」など内部リンクでつなぐ場合も、少々手間になります。

 

管理しやすい

Googleサーチコンソールや、Googleアナリティクスなどの分析ツールを使用している場合は、URLは半角英数の方が見やすいです。

Googleサーチコンソール
Googleアナリティクス

過去の私はスラッグが日本語でしたので、上記のようにURLが表示されても、どこのページを指すかがパッと見でわかりませんでした。

【スラッグの管理方法(例)】

汚くて申し訳ないのですが、私の場合は、このようにExcelで一覧化して管理しています。

後ほどご紹介しますが、スラッグが重複しないように管理しています。

  

ただし、URLに日本語が入っていても、SEO的にはあまり問題ないようです。

直したいと思っても、落ち着いて1つずつ設定していけば問題ありません。

  

スラッグを日本語から英数字に変更する場合の影響

既存の記事のスラッグを変更することは可能です。

ただし、URL自体が変更されるため、既存のページへのアクセスを無駄にしないよう「301リダイレクト」を利用するといいです。

 

URLを半角英数に設定するやり方!

ここからは、URLを半角英数に設定する具体的なやり方を、3パターンにわけてご紹介していきます。

URLを半角英数に設定するやり方
  • すでに投稿済みの記事
  • 新しく投稿する記事
  • カテゴリページ

 

すでに投稿済みの記事

ワードプレス管理画面(ダッシュボード)→[投稿]→[投稿一覧]と進みます。

ダッシュボード→[投稿]→[投稿一覧]

クイック編集」を押下します

「クイック編集」を押下

①スラッグに、英数字を入力します

スラッグの決め方のポイント

  • 半角英数字とハイフンのみ
  • 検索キーワードを入れる
  • シンプルにする
  • 重複しないようにする

②最後に「更新」をクリックして完了です

英数字を入力し、「更新」

 

新しく投稿する記事

記事編集ページの右側「投稿」タブにある「URLスラッグ」に英数字を入力します。

「投稿」タブにある「URLスラッグ」

右側に表示されていない場合は、右上の歯車のマークをクリックして表示させます

右上の歯車のマークをクリックすると表示される

 

カテゴリページ

カテゴリページのスラッグ設定です。

ダッシュボード→[投稿]→[カテゴリー]で設定します。

[投稿]→[カテゴリー]と進み、「クイック編集」をクリック

各カテゴリーの「クイック編集」をクリックするとスラッグが編集できます。

①スラッグを入力し、②「カテゴリーを更新」をクリックします。

①スラッグを入力し、②「カテゴリーを更新」をクリック

タグも同様に、スラッグを付けることができます。

→やり方は、【Cocoon】タグの使い方とチェックボックス設定方法(ブログ初心者向け)をご参考にしてください。

 

おまけ:Cocoonユーザ向けの設定

Cocoonユーザ向けに1つ機能をご紹介します。

日本語スラッグの場合、自動的に半角英数字のスラッグを指定してくれる設定があります。

ダッシュボード→①[Cocoon設定]→②[その他]タブへと進みます。

③日本語スラッグを半角英数字にするにチェックを入れます。

[Cocoon設定]→[その他]タブ

これにチェックを入れると、日本語スラッグを指定している投稿記事が「post-XXXX(数字)」に置き換わります。

SimplicityからCocoonへ移行する場合に用意された機能です。

日本語スラッグの場合、半角英数字のスラッグにする設定方法
Simplicityのデフォルト設定だった日本はスラッグを使用しない設定を引き継ぐへ設定方法です。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、パーマリンク(URL)が日本語で表示される場合の修正方法についてご紹介しました。

実は、先日フォロワーさんにご相談されましたので、知らない方が結構いるでは?と思い記事にしました。

私が気付いたときは、時すでに遅し。50以上の記事を投稿していた後で変更に時間がかかりました。

変更する場合は、記事が少ないうちに設定しておくのをおすすめします

 

それでは、今回はこの辺で!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました