物事を継続するための考え方のコツ

1つのことを続けるのは難しい。

やりたいと思っていても、苦手なことや、嫌いなことは、なかなか習慣化するのは容易でないでしょう。

筆者も、筋トレが大の苦手ですが、
継続のコツを知っているので、3か月間継続できました。

また、資格試験の勉強については、毎日コツコツと続けています。もうすぐ7か月目に突入しようとしています。

未来は、今日の積み重ねです。

なりたい自分の未来に向かって、今日から早速行動を開始しましょう。

まずははじめてみる

継続して取り組みたいことに、まずは取り組むことから開始します。

何でもいいです。
やりたいことを1つ始めてみましょう。

寝る前には歯を磨きます、外から帰ってきたら手洗いうがいをします。
それって、意識してやっていますか?
習慣化されてしまえば、おのずと抵抗感なく継続してできるようになります。

同じように、習慣化してしまえばこっちのものです。
それまでが大変かもしれませんが、なりたい自分に近づくための第一歩と思って楽しみましょう!!

3日坊主でOK!

継続したいことに取り組むとき、よし1か月やるぞ、とか、
1年間成果を見よう!なんて思ってませんか?
それでは、あまりにもハードルが高いです。

気持ちとしては、3日坊主になってもいいくらいの気持ちで取り組みましょう。

3日坊主でも、3日坊主を繰り返せば、継続したことになりませんか?

何回失敗してもいいんです。
要は、失敗したときにどう立ち直るかが重要です。

できない日があってもいい

例えば、ダイエットで食事制限を継続するという目標を立てたとします。

夕食は何キロカロリーまでと具体的に決めていたとします。

しかし、人付き合いの一環で飲み会があったり、継続を阻害するイベントが入ってくることがあります。

そんなときは、一旦休みましょう。
1日休んだからといって、全部だめにはなりません。また明日から頑張りましょう。

要は余計なストレスを溜めずに、楽しみながら行うというのが、継続する上で重要です。

○か×でとらえると、×だから今までの努力は台無しだ!と捉えてしまいがちです。

そうではなく、△であってもいいよと許容してあげることが長いスパンでみたときに大事です。

ときには周りを巻き込む

どんな形でもよいので、周りを巻き込んでしまいます。

筆者の場合、勉強を継続するため、周りを巻き込むようにしています。

会社のお昼休みの時間を使い、毎日勉強をしています。

周りは特段気にしていないかもしれませんが、自分からすると、”毎日頑張っているでしょ?見てて!”というアピールになります。

これですぐにやめてしまった場合、周りから「え、もうやめちゃったの?」と思われるかも・・と想像するのです。

すると、”コツコツちゃんとやらないと!”と思えてきませんか?

これは1例ですが、こういう形で周りを勝手に利用することで継続がしやすくなります。

または、SNSを利用して宣言することも効果的です。

大多数が見るSNSで、自分はいつまでに〇〇する!と宣言します。

すると、周りは特段気にしていないかもしれませんが、
自分としては”宣言したのだから、ちゃんと最後までやり通さなければ!”という気になってきます。

どちらも、自分をやらざるを得ない状況にもっていくという点で効果的です。

筆者も、朝のジョギングを続けたい!と思った時はTwitterで、
走り始める前に「これから走ります!」
走り終わったら「終わりました!」と報告することとしていました。

こうしたルールを決めることで、習慣というのは自然と身につけることが可能です。

まとめ

いかがでしたか?

継続が苦手、という人。実は、自分に対して厳しすぎるのかもしれません。

長い目で継続することを考えた時に、できない日を許容することが継続のコツです。

さあ、ここにあげた継続のコツを利用して、今日から何かに挑戦してみましょう。

失敗しても大丈夫!またあきらめずに何度でも挑戦しましょう。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました