せいかつ著書レビュー

【疲労回復】家に自然を取り入れよう。その効果とは?/『最高の体調(鈴木 裕著)』

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、まちゃりさです。

最近、「まんがでわかる 最高の体調」(鈴木 裕著)を読み、「自然との触れ合い」が疲労回復に効果的であることを知りました。

しかし、現代においては、なかなか外に出歩くことが難しい場合も多い。

そんな人におすすめなのが、「観葉植物」を家に置いて自然を取り入れる方法です。

本記事の内容

1.自然と触れ合う効果
2.観葉植物を取り入れる効果
3.偽物の自然も効果あり

この記事は、次の本の内容をもとに執筆していきます。

created by Rinker
¥1,408(2021/05/06 11:51:33時点 楽天市場調べ-詳細)

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

自然と触れ合う効果

冒頭で、「自然との触れ合い」が疲労回復に効果的であるとお伝えしました。

その仕組みは、自然と触れ合うことにより人体の副交感神経が活性化することです。

副交感神経とは?

気持ちが穏やか時に働き出す自律神経。リラックス中や睡眠中に働く神経のこと。

昼間の活動によってたまった疲れや、体に受けたダメージを回復させる働きを持つ。

そして、自然との触れ合うことの癒し効果は、マッサージの効果と比べても高いというデータもあります。

他にも、うつ病や高血圧への効果も明らかとなっています。

その実験とは次の通り。

クイーンズランド大学が行った研究(2016年)

【実験内容】
・1538人のオーストラリア人が対象
・全員が1年の間に公園などで自然と触れ合った後、うつ病や高血圧の発症率を比較

結果↓

・うつ病の場合、週1回30分ほど自然の中にいれば、うつ病の発症リスクが37%減少した

・高血圧の場合、週1回30分を超えたあたりから、症状が改善した

つまり、公園に行けば行くほど心と体が改善していくことが判明!

自然と触れ合うことは、疲労回復に効果があるだけでなく、病気の発症リスクを低下させることも明らかとなりました。

観葉植物を取り入れる効果

とはいえ、自然の多い場所に頻繁に出かけるのは難しい場合も多いです。

私も、なかなか出かけに行くのが億劫だったりします。

そんな人でも、「観葉植物」を置くだけでOK。効果は十分得られます。

その根拠となる、2つの実験データを紹介します。

実験① デスクの上に観葉植物。その効果とは?

ノルウェーの385人のオフィスワーカーを対象とした実験。

デスクの上に観葉植物を置いた従業員ほど次の傾向が見られた。

・主観的なストレスが低い

・病気で会社を休む回数は少ない

・仕事の生産性が高い

他にも、観葉植物の近くで働くオフィスワーカーは肌荒れが治ったという報告も。

副交感神経が活性化したことで、体内の炎症が治まったと考えられている。

実験② 幸福度や集中力にも影響

350人のオフィスワーカーを対象にした実験

観葉植物を前にして作業をした被験者は、

・幸福度が47%アップした

・作業の効率が38%上がった

男性
男性

仕事中に観葉植物がピッタリですね!

おすすめ観葉植物

自然の効果を得るために、観葉植物は何でもいいのだそうです。

ここでは、本の中で紹介されていた観葉植物の中から育てやすそうな3つを紹介します。

ポトス

  • ホルムアルデヒドを吸い込む効果がある
  • 週に1度の水やりでもOK。初心者向けの観葉植物

セイヨウキヅタ

  • ホルムアルデヒドを取り除くのに有効
  • 直射日光、日陰ともに普通に育つ
  • 毒性を持つために子供やペットがいる家庭には不向き

サンセベリア

  • ホルムアルデヒドをフィルタリングしてくれる
  • 水やりが少なくてもよいので、管理が楽
  • ただし、水の加減を間違うと枯らしやすい

「偽物の自然」も効果あり

ここまで、観葉植物の効果についてご紹介してきました。

しかし、実は「偽物の自然」を取り入れるだけでも効果があるといいます。

偽物の自然の例

・森林や海の映像などの「自然画像

・川のせせらぎや風の音などの「自然音

偽物でも本当に効果あるの?と思われる方もいるかもしれませんが、事実です。

不思議ですが、人間の脳は、思った以上に騙しやすい仕組みをしているようです。

まずは、PCやスマホの壁紙を森や海の風景に変え、通勤電車の中では風や潮騒の音を聞いてみるのが、今の暮らしに自然を取り込むはじめの一歩となります。

「まんがでわかる 最高の体調」(鈴木 裕著)
男性
男性

PCやスマホの背景画像を自然の風景に変えるのは、取り入れやすいアイデアですね。

まとめ

いかかでしたか?

今回は、自然と触れ合う効果についてご紹介しました。

自然を取り入れることで、癒し効果があるだけでなく、うつ病や高血圧の発症リスクを低下させることもわかっています。

毎日疲れている、イライラしている

こういった場合、「自然との触れ合い」の不足が原因かもしれません。

とはいえ、外にでかけて自然と触れ合うことは難しい場合も多いです。

そんな人は、観葉植物がおすすめ。

デスク周りに置いて仕事をするだけで、ストレスがの低下や作業効率を上げることがわかっています。

観葉植物も難しいなら、自然の音や風景の画像などの「偽物の自然」を取り入れることも効果があります。

疲労回復に効果的な「自然」を取り入れること、一度試してみてはどうでしょうか?

それでは、今回はこの辺で終わります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おわり。

記事で紹介した本

created by Rinker
¥1,408(2021/05/06 11:51:33時点 楽天市場調べ-詳細)

著者の鈴木さん自身は、かつて不健康生活そのもの。

そして、仕事もはかどらずにミスを連発する日々。

失敗に懲りた結果、数ある科学論文から健康と仕事の生産性に関わるものをピックアップ。

その内容を片っ端から実行していきました。

すると、体脂肪率は半年と経たずに30%以上から12%まで減少。お腹にはシックスパックが出現。

さらに、いくら寝ても寝たりなかった疲労感も消えて生産性が上がります。

そして、「すべては”人類の進化”という視点から考えた方がうまくいく」という事実にたどり着きました。

著書の中で紹介するテクニックは、複数の実験で効果が確認されたものばかりです。

これを1つでも実践することで、体調は確実に最高の状態へ近づきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました