【リゾ婚】海外挙式を選んだ理由とは?6つの理由をお話しします。

こんにちは、まちゃりさです。

リゾ婚に興味があるけど、リゾ婚の魅力や実際に選択した理由を知りたい!」などという悩みを持っていませんか?

そんな疑問にお答えするために、今回の記事では、筆者がなぜ国内挙式でなく、リゾ婚(海外挙式)を選択したのか。その理由を6つお伝えしていきます。

筆者は2019年8月に結婚し、現在は海外挙式に向けて準備をしている最中です。

式は2021年の12月に海外(グアム)での挙式を予定しています。

ちなみに、コロナウイルスが流行したせいで、海外渡航禁止となってしまったため、当初2020年12月に予定していた式は丸1年延期しました。。。

まちゃりさ
まちゃりさ

この記事は以下のような人におすすめ!

・リゾ婚に興味があるけど、どのくらい費用がかかるか知りたい。

・リゾ婚の段取りが知りたい!

それでは、どうぞ!

リゾ婚を選択した6つの理由

よく、友人に海外で挙式をすることにしたよ~と伝えると、「え!珍しいね!」とか「なんで国内じゃないの~?」なんて聞かれることが多いです。

しかし、筆者は、国内挙式の選択肢は最初からほとんどなく、あまり迷わずに海外挙式を選択しました。

なぜ国内挙式でなく、海外挙式(=リゾ婚)を選択したのかについて!その理由を6つお伝えします。

理由①:金銭面、時間面ともに魅力的だった

なるべくお金は貯めておきたい

国内に比べお金がかからない上、打ち合わせ回数もそれほど多くない海外挙式は魅力的です。

海外挙式を決めた理由の1つ目が、金銭面と時間面で魅力的だったことです。

予算額は当初より少ないうえ、打ち合わせ回数も少なく時間的にも◎でした。

海外での結婚式と帰国後の国内披露宴パーティをあわせても、当初予算の600万円を大きく下回る結果に。

リゾ婚は、国内大手のワタベウェディングで行うことにしましたが、費用見積もり額はこんな感じになりました。

リゾ婚挙式の見積もり代金(ワタベウェディング)

・結婚式プラン料金 ¥380,000
・フラワーシャワー ¥26,000
・ブーケ ¥48,000
・写真 ¥220,000
・フォトツアー ¥80,000
・動画オプション ¥168,000
・衣装(追加代金) ¥319,000
挙式代金計 :\1,241,000

これに、旅行代金150万(家族あわせて11名分)が上乗せされ、300万程度で式を挙げられる計算に。

当初の想定額より、はるかに金額がかからないことが最大の決め手となりました。

人をあまり呼ばないし、式が国内に比べて簡素化しているため、国内よりも値段が抑えられるのだとか。

また、結婚式の打ち合わせって正直面倒だな・・と思っていた私にとっては、打ち合わせ回数が少ないリゾ婚は、大変ありがたかったです。

理由②:開放的な空間で式を挙げられる

昔から結婚式は、広々とした開放的な空間でやりたいと思っていた。

海外挙式では、開放的な空間での挙式ができる!というメリットがあります。

また、そのような空間での写真は映えること間違いなし

実際SNS等では、海を背景として広々とした空間で愛を誓う花嫁花婿たちの写真がたくさんあがっていて、どれもすごく綺麗に映っています。

他にも、開放的な空間だから、国内と違った写真が撮れるのも魅力。少しふざけた写真や夕焼けの海をバックにした芸術的な写真を撮ったりするのも楽しいです。

せっかくのウェディングドレス。一生に一度の晴れ姿を綺麗に写真に収めたい!と思う人にとっては、リゾ婚はおすすめです。

背景を含め、楽しい写真や綺麗な写真を撮るのが今からとても楽しみです!

理由③:誰を呼ぶかで悩む必要がない!

誰を呼べばいいんだ~旦那と友人の数を合わせないといけないし、招待状の手配やお車代は?

結婚式で一番大変なのは、招待する人を誰にしようかを決めることや、招待する場合の手間ではないでしょうか?

しかし、海外挙式では、その心配は無用です

海外で挙げることを口実にすれば、「遠いから招待しない」という選択肢が増えます。

また、結婚式に招待される側も、国内挙式であれば断るのは難しいですが、海外挙式であれば、容易に断ることができます。

招待する側もされる側も、双方にとって、結婚式の招待問題から解放されるのが1つの魅力だと思っています。

国内だと何かと気を遣う場面も、海外挙式では難なくクリアできます。

理由④:単純に海外、そして青く広くきれいな海が好き!

単純に海外、そして青く広くきれいな海が好きです!

過去、筆者はオーストラリア、ドイツ、べトナムに行った経験があります。

海外に行ったことがない旦那とは違って、海外に対しての抵抗がほとんどありません。 日本とは違った、海外ならではの開放的な雰囲気が大好きです。

そして、広くて青い海とビーチは私にとって、最高に癒される場所。

海の広さを見ていると、ちっぽけな悩みなんてどうでもよくなるし、世界は本当に広いなーと感じられます。

結婚式など大きなイベントがないと、なかなか海外に行く機会がないですが、旦那や両親に交渉した結果、リゾ婚が実現することになりました。

理由⑤:親孝行に◎家族の思い出に

家族で旅行の思い出を

会社や学校で、まとまった休みを取ることは難しいですよね。ましてや、”家族皆でお休みをとって海外旅行に行く”なんて機会は、結婚式など大きなイベントでない限りは、なかなか難しいのではないでしょうか。

筆者は、家族皆で海外に行った経験がありませんでした。そのため、死ぬまでに一度は家族で海外旅行に行きたいと思っていました。

今回、リゾ婚ついでに家族みなで海外旅行の思い出を作りたい!と思ったことも、リゾ婚を決めた1つの理由です。

両親への親孝行として旅行をプレゼントしたい場合や、家族での思い出作りにはリゾ婚をおススメします。

理由⑥:人と違うことがしたい

 “何かやるときには人と違ったことをしたい。人と同じではつまらない”という思いがあります。

実は、これがリゾ婚を決めた大きい理由の1つです。

そういった願望を叶えるのにマッチしていたのが、一般的な国内挙式とは違う、リゾ婚という選択でした。

周りにリゾ婚の経験者がいないため相談はできません。

しかし、「こうしなければいけない」といった固定概念がなく、パートナーと色々考えて、自分たちなりの式を挙げることができるため、またそれも楽しみの1つです。

おわりに

いかがでしたか?

今回は、筆者がリゾ婚を選択した理由6つについて、ご紹介しました。

記事を読んで、リゾ婚に興味を持った方は、結婚式の選択肢としてぜひ検討ください!

ちなみに筆者自身は、実際はまだリゾ婚を終えていない段階ではありますが、

リゾ婚を終えた後は、実際のところどうだったのか?という部分を記事でお伝えできたらと思います。

結婚式は一生に一度の思い出です。後悔しないために、自分たちにとって最適な選択をすることが重要です

国内挙式も海外挙式も、それぞれにメリット、デメリットがあるので、それらを踏まえたうえで、どちらを選択するか考えるとよいでしょう。

個人的には、パートナーと意見が割れた場合は、女性の希望を優先に決めてほしいなと思っています。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました