成功を測るためには「手放した」ものの数を見よ!【著書】

こんにちは、まちゃりさです。

成功するためにあれもこれも手に入れる必要がある」と思っていませんか?

結論から申し上げますと、成功するためには何かを「手放す」ことが重要です。

今回の記事では「諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない [ 為末大 ]」の内容をもとに、成功を測るためには「手放した」ものの数を見る必要がある理由についてお伝えしていきます。

まちゃりさ自身も、成功とは何もかも手に入れることだと思っていたので、概念が変わりました。

なぜ”成功を見るために、手放すものの数を見るのか?”その理由について、著書の内容をもとに解説していきます。

それでは、どうぞ!

●本の紹介

本の内容について

世間一般的に、「諦める」という言葉は、マイナスの意味で使われることが多いです。

しかし、為末氏は「諦める」には「自分の才能や能力、置かれた状況などを明らかにしてよく理解し、今、この瞬間にある自分の姿を悟る」と意味として捉えています。

「諦める」ことは、「終わる」「逃げる」の意味ではないというのが、この本の主張です。

この本の中で、気になった主張は5つありました。

 1.確かな自分はどこにもいない。よって、世間そのものが「不確か」である

 2.日本では「人生の選択」機会が非常に遅いために、決められない人を生む
<関連記事>「決められない」には理由があった!日本教育に潜む問題を解説【著書】

 3.あれもこれもと「諦めない」姿勢が幸せを遠ざける原因になる

 4.手放したものの数で成功を測るべきである

 5.生きていくためのサイズを小さくすれば、やらなければならないことが減っていく

今回の記事では、4つ目の”手放したものの数で成功を測るべき”について執筆していこうと思います。

手放したものの数で成功を測れ

僕は手放したものの数で成功を測った方がいいと感じている。そして、何かを手放すためにはある程度の経験を積まなければならない。

諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない [ 為末大 ]

この本の著者である為末氏によれば、成功は手放したものの数で測るほうがよい、そして手放すためには、ある程度の経験が必要であるということです。

人間の軸はたくさんのものを見て形成される

人間の軸は、たくさんのものを見ることで形成されます
昔は、歳をとるにつれ、軸ができていっていました。つまり、歳を取っていくことと軸ができていくことが時間的に一致していました。
しかし、今の世の中は情報が過度に与えられすぎており、軸ができていない段階で突然多様な選択肢を見せられというのです。

何にでもなれる人はいない

情報が多い世の中を見ていると、その分、子供の可能性が多種多様に広がっているように感じられます。

しかし、筆者はこの点に警鐘を鳴らしています。

夢を見るのは自由だが、これらが実現する可能性はきわめて低い

諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない [ 為末大 ]

意思すらない子供の段階で、実現可能性の低い夢に向かって努力をさせられることでかえって、かなりきつい人生のスタートを迫られます。

何にでもなれるという無限の可能性を前提にすると、その可能性をかたちにするのは本人(もしくは親)の努力次第といった話になってしまう。

諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない [ 為末大 ]

「おまえはそんなものにはなれない」という前提であれば、たとえ本当に何者にもなれなくても、だれからも責められない。もしひとかどの人間になれたら、「立派だ、よくやったな」と褒められる。

諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない [ 為末大 ]

この本を読んで最初にイメージしたのは、小さいころから働くことを迫られる子役の存在でした。

親からの期待値が低いほど、自分で自由にチャレンジしてみようという気になれるのではないでしょうか。
親の「あなたは無限の可能性を持っている。何にでもなれる」の言葉を信じて、進んだ先はどうでしょう?
仮に成功すればいいのかもしれませんが、成功する人は一握りの世界であり、ましてや入れ替えも激しい世界。

次第に、「できない」自分を責めることにならないかと不安になってきます。

自分を認めるために必要

本当は、何にでもなれる人なんていないはずだ。しかし、だれもが結果的には何者かになっている。それでも「何にでもなれる」から出発すると、何かすごいものにならなくてはいけないような気になってしまう。すると、すでに「何者か」になれている自分を、きちんと認めてあげることができなくなる。

諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない [ 為末大 ]

他者の評価を気にして生きるのは、非常に息苦しいと感じます。
理由は、他者の評価は移ろいやすい点にあります。

何も「すごいこと」はしなくてもいい。そう感じているだけでも、むしろ幅広いことに挑戦できるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない [ 為末大 ]」の内容をもとに成功を測るためには「手放した」ものの数を測る理由について、ご紹介しました。

この著書を見るまでは、成功といえば生涯で得たものの数であると思っていたため、自分の中の概念が変わりました。

確かに、自身が「何にでもなれる人」であるという前提に立っていれば、得られるものには限界があり自分を認めることができません

成功とは何かという話になるかもしれませんが、個人的には成功は自分を認めることにあるのではないかと思います。

そういう意味でいえば、何かを「得よう」と努力するのではなく、「手放す」ことに注力して自分を認めていくのがよいのではないでしょうか?

記事で紹介した本の紹介

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました